ページTOP  主な活動  会員  入会案内  掲示板
    粟飯原俊文(あいばらとしぶみ)テノール
東京音楽大学器楽科トロンボーン専攻卒業。
卒業後、イタリアにて本格的に声楽を始める。ジャンニ・ライモンディ、パオロ・シルヴェーリ他各氏に師事し、リリコテノールとして、ローマを中心にコンサート活動を行う。また、ヨゼフ・ロイブル氏に師事し、オーストリアにてコンサートを行う。帰国後は、二期会・東京室内歌劇場などのオペラ出演の他、「第九」「メサイヤ」「レクイエム」等数多くのコンサートのソリストを務める。2008年、イタリア、バディア・プラターリア夏季セミナー講師。
東京音楽大学声楽科研究員、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師、二期会会員、東京室内歌劇場会員。