駒ヶ根山岳会          山行記録                HOMEへ

                                                  2013年1月20日
厳冬期空木池山尾根    2013年1月12〜14日     駒ヶ根山岳会員 4名                            
しばらく好天が続いたあとの三連休、予報は、晴れ、曇り、雨でした。
正月、遭難のニュースが頻発するなか、多少うしろ髪をひかれる思いまおありましたが、強運を期待して挙行しました。
事務所に4時に集合しスキー場最上段駐車場から出発しました。
5:00 出発です。


 @ 6:30 登山口駐車場です。暗くて何も見えません。
 

 A 駐車場手前林道より南アルプスのシルエットです。
 

 B 7:15 鷹打ち場 にて休憩。
 

 C 8:30 池山小屋手前 水場です。なんと水が出ていました。美味しく頂いて出発です。
 
 
D 林の向こうに駒ケ岳がきれいに見えます。
 

E 雪原の中をゆきます。トレースが残っています。スノーシューであれば楽しそうです。
 

F 10:30 マセナギです。スノーシューに履き替えて歩いています。
 

 G 12:30 大地獄です。特にザイルは使いません。
 
 
H 小地獄への分岐点です。現在通行止めです。直進します。
 

 I 展望台より駒ケ岳。最高の天気です。
 

 J 道が急峻になってきたためザイルを装着。
   途中この手前で左にトラバースし迷い尾根に抜けるルートがありますが危険なため
   尾根筋を登ることにしました。
   結果的には、ザイルをフィックスしてトラバースした方が早かったと思います。
 

K このルンゼを直登し尾根に出ることにしました。
  16:00 迷い尾根の頭
  16:30 ヨナ沢の頭を少し過ぎたところでテントを設営しました。
        疲れて写真を取り忘れました。
 
 
L 4:00 起床
   6:00 出発 途中、駒ケ岳に朝日があたっているところです。 
 

 M 南アルプスからの日の出です。
 

N 空木へのプロムナード 最高です。
 

O 空木がぐっと近づきました。
 

 P 8:15 駒石です。
 

Q 9:10 駒峰ヒュッテ。
 
 
R  空木を望む。
 

S  10:00 頂上
 
 
21 同上 筆者
 
 
22 左が池山尾根です。 伊那谷が奇麗に見えます。空木平避難小屋も見えます。
 
 
23 駒ケ岳方面。
 
 
24 南駒方面
 
 
25 11:40 テンバ着 明日の天候が悪いため撤収。
   13:00 下山開始
   15:00 大地獄上のコルに到着 ルンゼを懸垂下降
   17:50 池山小屋着 宴会
 
 
26 翌朝14日は朝から雪。6:30 起床 8:30 出発。スノーシューハイキングとなりました。
   9:50 これは野生動物観察小屋です。 
 
 
27 11:00 スキー場 駐車場到着