駒ヶ根山岳会
 
塩見岳 2016年4月30〜5月2日 HOMEへ

                                                                      2016年8月15日

  

前期高齢者2人と壮年1名計3名で残雪期の塩見へ2泊3日でのんびりと言ってきました。
昨年メンバーの棟梁が建設した新塩見小屋の現状を確認する目的もあります。
冬季避難口が西面にありますが埋まって使えません。東面の方がよさそうです。
登山道の雪は大変少なく、条件によってはアイゼンなしでも歩ける状態でした。
単独の登山者が大勢いました。

 

@ 三伏小屋より塩見岳を望む
 
A 三伏頂上にて
 
B 本谷山頂上
 
C 同上
 
D 塩見小屋西側がしっかり埋まっています。
 
E 東側はこの状態。
 
F 北側もしっかり埋まっている。
 
G 西面と棟梁
 
H 塩見岳へ向かう。
 
I 塩見頂上(東峰)
 
11 蝙蝠岳
 
12 塩見小屋から塩見岳
 
13 小屋と棟梁
 
14 帰路 塩見をバックに
 
15 同上
 
16 帰路 登山口にて