はじめの一歩 〜仏法入門〜


私の第一歩は、初めて「般若心経」をお唱えした時でした。
なにしろ気恥ずかしくて冷や汗はかく、お経は詰まる、
目は霞んで字もよく読めない、
とにかく悪戦苦闘した事を覚えています。
 一緒に唱えてくれた方は、随分ゆっくりだったそうですが、
ついて行く私にとっては特急のような速さに思えたものです。
でもその後で、
 「あなたの一生懸命の汗は何よりの供養です」
と言われ、何やらとても善い事をしたような、何とも言えない、
不思議な清々しさと、静かな感激は今も忘れられません。
今にして思えば、
その時が、私にとっての貴重な
「はじめの一歩」であったと思います。


人はなぜ悩むのか?

「人はみな悩み上手にできている」とは何かの歌の歌詞ですが、
仏法では、「悩みのもとは煩悩である」
とされています。
では、その「煩悩」は何から生じるのでしょうか?
一口でいえば、物事の本質を取り違えるという
「重大な取り違え」から起きてきます。


取り違えとは?

「有る」ものを「無い」と思い、
「無い」ものを「有る」と思う取り違え。
「楽」を「苦」とし、「苦」を「楽」とする取り違え。
「喜ぶべき」を怒り、「怒るべき」を喜ぶ、等々。
物や形に囚われて、その起因や心因と、
そこに到る本質を見誤る等の取り違えをいいます。


思い込みを招く五蘊

現象に囚われ(色)、それを真実とし(受)、誤った想いを巡らせ(想)、
その想いに従って行動し(行)、正しいものと思い込む(識)、
といった一連の心の作用が五蘊といわれるものです。
そして、思い込みの考えに合わないと、
怒り、悩み、苦しみ、悲しみ等、次から次へと起きて来て、
いつまでも悩みが続きます。

当たり前の「第一歩」を

始めに人あり真理あり。
人は此の世を当たり前に生き、
当たり前に真理を目の当たりにしています。
でも、殆どの人は、その本質を、当たり前のように、
見つめようとはしません。
知ろうとする方が、真の当たり前ではないでしょうか。
「はじめの一歩」は、誰もが既に歩んでいるはずです。


合 掌