はみだしデータ その21
この潮流は何時まで続く?
ポーズが謎ですがスルーでお願いします。(^^)
05年のメイド**系の乱立は秋葉原だけに留まらず北は北海道から南は九州まで凄まじい限りでしたねぇ。私のサイトは“関東”“ウェイトレス”“制服”というカテゴライズなので扱う範囲は随分と絞られますが、それでもネタに困らない1年でした。
実のところメイド喫茶以外の取材済みネタも結構有るのですが、何だかんだで流行り物優先でUPしているのが本音です。もっとぶっちゃけると、先に形にして残しておかないとアッという間に消えてなくなる可能性も感じているからですが。
 
というのも、最近では新聞折込チラシでもメイドの文字を見る機会が多いんですよね。埼玉S市で新規開店するメイドバーの求人広告とか、Y市とM町にあるパチスロ屋ではメイド服で接客中だとか。こうやって「メイド」が珍しくもなんともない存在に成り下がった時点でお終いじゃないかと。ただ、私の勘は全然当てになりませんからね。なにせアキバで「ぴなふぉあ」が開店した時点で既に飽和状態だと本気で思ってましたから。
今更ながら実感するのですが、私は所謂『萌』とか『萌市場』の事は理解できていない様です。こういったサイトの製作者が何を言うかと思う人もいるでしょうけどね。(^^;
ちょっと前にNHKで特集していた番組(美少女オタク、オーバークロッカー、メイド喫茶ウェイトレス、電子工作マニア、そして電子部品店の親父の一日を追う形式)を見ましたが、一番理解できなかったのが美少女オタクの精神構造でした。ポスター1枚に制作サイドだってそんな設定考えてないだろうという位、キャラについて語る姿は怖かったですね。彼が特殊過ぎるのか、私が淡白過ぎるのかは不明ですが。
 
話が脱線しすぎたので軌道修正。左CGは年末アキバに開店した「大阪日本橋発」のメイド喫茶「カフェドール東京店」の1パターン。大阪店の事は全然知らないのですが、ここの制服は『ラズベリークィーン』のカタログ品のパーツを色々組替えてアレンジしている様でした。ミニ丈は見飽きた風体でしたが、このカラーレスロングにチョーカーのパターンは凛としたイメージが有って良かったです。メガネはそちら系向けオプション?
店舗そのものは如何にもアキバ型。折角大阪発というのなら、それを感じさせる物が欲しい所ですが、この業界に各地の独自性を求めるには歴史が浅すぎますよね。
制服コレクションインデックスへ  Linkへ     CGルーム入口へ   投稿SSルームへ