神戸屋キッチン前
 神戸屋キッチン
大手製パンメーカー神戸屋が展開する手作りパン専門店です。店舗によってイートインスペースを備えている場合と無い場合がありますね。
私が知っていたのは東京駅地下街店と有楽町店、そして渋谷店ですが、03年現在、3店とも閉店してしまいました。
では制服について。この制服は同じく神戸屋が展開しているレストランと同じ物ですが、キッチンの他、レストランでウェイトレスをしていた方からも詳しい情報を頂いています。
構成はウィングカラー+ピンタックのブラウスに膝丈巻きスカート、そしてハイウェストのチェック柄エプロン。足元はナチュラルストッキングに黒のローファー。実は1セットしか支給されないそうです。
ブラウスのサイズは通常9・11・13の号まではストックされていて、発注で15号までが有るそうです。しかしスカートはワンサイズ、しかもマジックテープの位置は同じです。なのでエプロンの下は安全ピンで留めているウェイトレスさんもいるとの事。 
また、スカートは脱落防止のため、ブラウスとスカートを4箇所のボタンで留められるようになっているそうですが、ブラウスについている4つのボタンも全て使用できるのは9号のみなので、他の号数の人は後ろだけ止めています。また、着替えの際は止めてワンピース状にした後に着替えに移るそうです。この辺は男にはちょっと解らない苦労ですねぇ。
その他細かな点を少々。
・エプロンのポケットがターミナル用には出来ていない(つまり頑丈でない)ので、よく破けるそうです。キッチンの場合はターミナルではなくパンをつかむ為の衛生手袋を入れているそうで、ペストリーの油で、ポケット近辺が変色なんてことになっているとか。 
・ブラウスのピンタックは左右12本づつ。最初は左CGできっちり12本づつ描いたのですが、このサイズに解像度を下げると潰れちゃいますね。よって6本づつに減らしてあります。
・靴は低いヒールの伸縮性のツイルで出来たパンプスが支給されていたそうですが、現在は購入で最初の給料から天引きなんだとか。自前でもOKで、黒のローヒールであれば何も言われないため、皆ハルタとか履いているそうです。
他にも色々と内輪ネタを頂いたのですが、掲載して良いものか判断に苦しむ部分も有る(^^;のでこの程度でストップです。

神戸屋キッチン後
 
 
 
二段目はJR東日本が始めた駅中商業施設開発の第一弾、05年3月5日に大宮駅に開業した「ecute大宮」内に神戸屋が出店した新業態
 
Kobeya Stazzo
 
営業形態の基本はキッチンと同じくパンのテイクアウトとイートイン。
 
ここの特色はサンドイッチの種類が豊富で、客からその調理過程が見えるオープンキッチンになっている点でしょうね。
 
が、なんといっても他と違うのが制服。いや、デザインは違ってはいないんですが、右CGを見てもらえば一目瞭然。
 
色が緑です。今まで神戸屋=青のイメージが強かったので見た瞬間は驚きましたが、意外と緑も合うなぁというのが正直な感想です。
 
足元はスェード調のスリップオンの娘が多かったですね。
名札は顔写真入り。開業直後の為か広告カードと一緒に左胸の位置に付けていました。
 
 
ecuteは05年秋には品川に、06年には立川にも開業予定の様です。
改札を抜けずに利用できる商業施設という事で、JR利用者にとっては交通費の面で有利ですね。
 
私の様に他の交通手段を利用した場合は逆に入場料を払わねばならないというのがネックですけど。

大宮スタッツォ

BAKE SHOP KOUBEYA前
三段目は同じ神戸屋系の手作りパン屋
BAKE SHOP
KOUBEYA
の制服その1。私が知っている範囲では、JR常磐線の駅ビルのテナントとして展開している店舗で見られるタイプ。
 
私が入った経験が有るのは南柏駅前の店舗。ここもイートインが有って、定価140円までのパンならどれを選んでもドリンクとのセットで250円というのが魅力でした。
 
制服はピンタックの入ったブラウス+ダークイエローのジャンパースカート+同系色の三角巾。
 
ブラウスは胸ポケットが左右に有る様です。第1ボタンは外していましたが、ここにだけ前立てにタブがついていました。
 
ジャンパースカートはどこかで見た事があると思ったら、山崎系の「サンムーラン」で採用している物の色違いの様です。背中側を上下2つのボタンだけて留めているのが特徴です。腰紐はサイドから直付けになっていますが、その下のゴムのギャザーを隠す役目もあるようですね。
 
このジャンパースカートですが、ワンサイズなのか、それとも単に間に合わせだったのかは定かではないのですが、亀有駅の店舗で見かけた背のちっちゃい娘が着た姿は膝下どころか脹脛が隠れるほどのロング丈になってましたね。妙に可愛かったのを憶えています。
 
そして三角巾。ストラップ無しの極普通の物ですが、かなり大きめですね。ジャンパースカートと同色タイプともう少し明るめの黄色タイプがありました。
 
足元はサンダル系もいればスニーカー系もいました。規定無しの様ですね。
 

BAKE SHOP KOUBEYA後

BAKE SHOP神戸屋その2

四段目は「BAKE SHOP 神戸屋」その2です。
私が実際に見たのは大宮ルミネ1Fの店舗。残念ながらここにはイートインが無いのでデータが取り辛かったのですが、04年になって掲示板の書き込みやメールで詳しい情報が頂けたので追加掲載となりました。
 
掲示板には実際に横浜市の駅構内の店舗でこの制服を着ている方から情報を頂きました。
それによると構成はミドルグリーンの三角巾とジャンパースカート+白のブラウス。
ブラウスはスタンドカラー+ピンタックの肘丈袖。(大宮店は長袖でした)これにミドルグリーンのボゥタイを合わせます。ただし、ブラウスの数が足りないため、中段CGと同じタイプのブラウスを着ている人もいるそうです。
 
ジャンパースカートは前身ごろに上から5〜6cm、横から3〜4cmの所に前身ごろを縁取るように、ディープグリーンの糸と鈍い金色の糸でラインが刺繍されています。
左右対のポケットにも同様のラインが入っていますね。
 
左胸元には白の糸で「BAKE SHOP」「神戸屋」と二段の刺繍がされています。(大宮では金糸で一列でした。)
ウェストは背中側でホック止め。中段タイプの様な帯はありません。肩紐は、背中でH型になっています。
 
足元はストッキング+黒のローファー着用で統一だそうですが、大宮ルミネ店は白系スニーカーでした。
 
メールの方には、この制服が見られる店舗の情報がありました。
抜粋すると
『東急沿線の神戸屋では共通のスタンプカードを発行していて、その色も緑だったことから、どうも東急沿線では緑の制服かと思われます。スタンプカード裏に書かれた店は「市が尾」「鷺沼」「宮崎台」(田園都市線)「不動前」(目黒線)「多摩川」「武蔵小杉」(東横線)の6店でした。』
との事でした。 
 
加えて掲示板にはこれに関しての補足情報がありました。
 
それによると、これらの店舗は「(株)東急グルメフロント」が特約店という形式で運営しているそうです。東急沿線の外食店舗の多くがここの直営やフランチャイズ、特約といった形式になっている様ですね。
制服コレクションインデックスへ  Linkへ     CGルーム入口へ   投稿SSルームへ