ご注意・03年10月追記
このページに記載されている内容は1999年当時に私、Zukaが行っていたCGの作成方法です。
パソコンは世代交代の激しい機器ですので、現在の私の作成環境、方法とはかなり違っています。
その辺は御了承ください。
 
『Zukaはこんなやり方で
   CG描いてるんだよ』
のコーナー
 
はい、このページは私ことZukaが普段どの様な方法でCGを描いているのか
その制作過程を紹介していきます。
当初、99年夏コミ合わせのCG集「ケモノHファンタジー」向けCGの制作過程をお見せしたのですが、そのCG集、残念ながら発売中止となりました。
そこで、ここで描いたCGはあくまでここのHP用として完成品まで公開しようと思います。
 
あ、最初に一言お断わりしておきます。
 
このページは決してCG講座や教室ではありません!
私が普段用いている方法を紹介しているだけです。
 
ぶっちゃけた話、私の方法は
マニュアルもろくに読まずに行き当たりばったり
カンと経験で覚えたテクニックです。
 
ですから、PhotoShopを熟知している方からすれば
「なんじゃ そら!」とか
「もっと良い方法有るやんけ!」
 
等、多々あると思います。ですから
これからPhotoShopを勉強しようという方は、あくまで参考程度に
熟知している方は、「もっと良い方法あるぞ。」とか
メールで教えて頂きたくおもいます。
 
 
 
それでは先ず、私のCG作成環境を紹介します。
 
とまあ、こんな感じです。思いっきりいいかげんな絵ですがこんなレイアウト
で配置しています。
 
一番の特徴はLC630からCanoScan600 ...LF-1600...HDS-1BG...自作AT
へとストレートに繋いだSCSI機器です。
当然Mac,ATを2台同時に立ち上げると間の機器に
安全の保障はありません。(^^;
 
危険ですのでマネしないように。
 
ターミネーターのON、OFFも通常の方法とは違っています。
この辺は認識させるために色々苦労してます。
この状態でAT,Mac両方からスキャナー、PDが使用できます。
またHDSはMacフォーマットしていますのでATからは認識しません。
 
モデムが2機有りますが、以前MS56KEFが故障した時に急遽新古で
安売りしていたPV-BF3356を導入した結果です。 けど最近またMSが
壊れました。脆過ぎないかS△NTAC!
 
 LC630はマシンパワー的にCG作成には使えません。現在はパソ通と
メールのバックアップ、家計簿、偶にネットサーフとMIDIを聞くのに
使います。
 
で、CG制作には自作ATとスキャナー、タブレットそしてソフトは
PhotoShop5.0を使用しています。以前はPaintShopなども
使用していましたが現在はPhotoShopのみです。というか
PhotoShopを使いこなせる様になりたいなと現在は一本にしぼっています。
 
では実技へどうぞ。
1・原画を描く
2・クリンナップから取りこみ・整形
3・下塗り
4・影を付ける
5・効果、背景との合成・完成
一つ戻る  CGルームへ  投稿SSルームへ  Linkへ