読み書きそろばんは昔のことなのでしょうか?

  そろばん教育は、子供達のさまざまな能力を向上させます。科学的な分析でも、
次の8つの能力アップに驚異的な効果 をあげると言われています。

    

  計算する力               集中する力

  記憶する力                情報を処理する力

  我慢する力                早く聴き・早く読む力

  注意深く観察する力         イメージやヒラメキの力


 ソロバンの検定試験は制限時間10分間の間に規定問題数を正解しなければなりません。
1級のかけ算を例にとりますと、6桁×5桁の問題を計算する過程において、100回以上の指先
操作を要求されます。計算中は、かけ算九九を30回唱え、11桁(100億)の答えの記入が許され
ます。その間、一度のミスも許されません。この、問題を20回繰り返すと規定問題数を計算し終
えたことになります。さて、指先の動きは、かけ算種目だけで、なんと2000回以上を数えます。
「指先は外に出た脳」と言われていますように、ソロバン学習が指先トレーニングによって脳を
育てていることがおわかりいただけると思います。

 河野貴美子先生(日本医科大学)の研究発表で、有段者の珠算式アンザンは右脳を使用
していることが判りました。問題解決・発明などのヒラメキは右脳から発生すると言われており、
問題解決の思考回路を最短距離で結ぶ「脳力」が開発されます。  また、「指先トレーニング
が、シナプスの絡みを促し、ニューロンネットワークを構築する」と、林 寿郎教授(大阪府立大
学)が力説されています。新しいシステムを生み出す発想力は、どの分野でも求められる必須
「脳力」です。21世紀に主役となる子どもたちが、身につけなければならない「脳力」のひとつと
もいえます。ソロバン学習で発想力を身につけてみませんか?

 暗算には珠算式暗算(右脳使用)算数式暗算(左脳使用)とがあります。珠算式暗算は右
脳で処理した答えのパターン記憶を行います。このトレーニングは直観像として長く記憶にとど
まります。一般的に試験などで使用される記憶方法(左脳使用)は短期間で忘れてしまうことが
多いのですが、珠算式記憶法(右脳を使用した直観像記憶)は長期間失われません。 東大・京
大生の80%がソロバン学習経験者と言われるのも、うなずけるものがあります。このような「脳力」
はアンザントレーニングで身に付きます。子ども時代、特に幼稚園児から始めるほど、これらの
「脳力」が確実に身に付くことになります。

  ミスが許されないトレーニングを繰り返していると、集中力と同時に、数字を注意深く読み
とる能力が高まってきます。大人の人で「大きな桁はどうも苦手で・・・」という光景に出会うこと
がありますが、ソロバン学習経験者に、そのような人はいません。注意深く数字を見るトレーニ
ングから、数字を観察する行動が生まれ、数の仕組みを次々と発見するようになれば、成功で
す。そのような習慣が、数字を駆使して様々な分析する力が生まれてきます。  注意深く数字
を読みとるトレーニングが洞察力の原点になります。  一般社会における「会社分析」などは全
て「数字で読む」ことから始まります。

 コンピューターの発達で膨大な情報量が社会を行き交っています。必要な情報を、いち早く
キャッチし超速で処理する「脳力」は21世紀の必須能力のひとつです。ソロバン・アンザントレー
ニングは、一貫して数字による情報処理トレーニングを行っています。数字をミスなしに速く読み
とり、右脳で秒速処理を行い、左脳で正確な数字情報に変換します。インプットからアウトプットま
でをソロバントレーニングを通して、情報処理能力を育てていることになります。この「脳力」は学
力と並び大切な武器となります。数字処理能力と文字処理能力は将来の為にも子ども時代に身
につけたい能力のひとつです

 ソロバントレーニングの中に「読上算」という種目があります。これは、読み手が読み上げる
問題を即座に聞き取り、正しく処理するトレーニングを指します。前近代的な学習法に見えますが、
実は、「速く聴き取る力」をトレーニングしています。また、数字をブロックごとに速く読み取り処理
する学習法は、「速く読む力」をトレーニングしています。近年、ソロバン教室では、ビジネスマン
の必須能力として要求されている最先端の「能力トレーニング」を実践しています。これらは、脳
が柔軟な子ども時代に身につけさせたい「能力」のひとつです。


  日本珠算連盟ホームページより引用


 ←トップページへ