本文へスキップ

ホテル喜楽館【天然温泉 植物系泉黒湯】は、スポーツ合宿・ビジネス長期滞在・企業研修宿泊で多数の実績をもつ創業141年の宿泊施設です。 【公式ホームページ】

お問い合わせは,お電話でTEL.0439−87−4126ヨイフロ

〒293−0001 千葉県富津市大堀1571番地

コンセプトconcept

コンセプト


       『 温泉と美味しいお食事でおもてなし 』


温泉へのこだわり

温泉へのこだわりとは、本物へのこだわりということ。
 本物は、多くの人々の淘汰に耐えうることができ持続していくと考えます。
温泉を利用する方々を欺くことなく、ありのままの自然の恵みを御提供することをお約束いたします。
温泉を提供するということは、信用を提供することです。

           本物
、を体感しに喜楽館へお越しください。


お食事へのこだわり

料理はおいしくてあたりまえ、アスリートは栄養管理が大切
  東京オリンピックが決定した2014年。東京・北区のナショナルトレーニングセンターへ視察にうかがいました。食をテーマにトレセンの食堂で実際に選手達が食べているものと同じものを、食べてまいりました。そこでは、管理栄養士の指導のもと料理がつくられています。食堂入り口から、炭水化物の1品を選択し、続いて肉・魚・などの動物性タンパク質の1品を選択し、先に進んで野菜・海藻・キノコ・大豆製品(植物性タンパク質)などの小鉢を選択。最後に果物・ヨーグルト・などをビュッフェ方式でピックアップして席につきます。卓上にはタブレットが置いてあり選手達は摂取カロリー等を日々記録し体調を管理しています。

 そのトレセンの食事の感想は、先入観では管理栄養士さんのメニューは窮屈で、面倒で、押しつけがましい。なんて思っていましたが、いただいた食事はごく普通の献立でした。実は、そうすることで、アスリート達はストレスを感じることなく普段の食事の感覚で栄養管理ができていたのです。そのことに気づいた時、管理栄養士さんのアスリート達への奥深い配慮に感激いたしました。同時に、そのトレセンの食事と同様に喜楽館の食事も「勝ち飯」だと感じました。

 喜楽館では陸上長距離選手達のカーボ・ローディングを美味しい食事でサポートいたします。疲労の蓄積する合宿3日目以降は消化しやすいメニューを用意。多量の発汗で失われるミネラルを創意工夫のメニューでサポート。暑くて水分補給をし過ぎて食欲不振の際、絶妙のタイミングで皆様のニーズを食卓の上に形にしてきました。常に創意工夫で、改良改善を絶え間なく続けています。今年で創業140年目です。


shop info店舗情報

ホテル喜楽館【天然温泉 植物系泉黒湯】

〒293−0001
千葉県富津市(ふっつし)大堀1571番地
TEL.0439−87−4126ヨイフロ
FAX.0439−87−4040