あなたのビジネスパートナー&コンサルタントに・・・


御挨拶

所長を含め3名のスタッフからなる、女性ばかりの「社会保険労務士事務所」です。
お蔭様で今年で開業20年を迎えることができました。

現在はビジネスパートナーとして、従業員数10人規模の事業所様から200人規模の事業所様まで、
幅広く顧問先になって頂いております。

年金コンサルタントとしては、7年前に立ち上げた「スマイル年金研究会」が順調に活動を伸ばしており、
海外に居住されている方々の「日本年金受給」のお役に立っております。

当事務所のモットーは「誠実」です。
クライアントの立場に立ち、「誠心誠意」そして、「まめやかに」仕事することを
これからも努めてまいります。 (2016年8月)

業務案内

【 労務管理に関わる諸手続き 】
就業規則・諸規程の作成、見直し
〜会社の労務リスク低減のためのノウハウを注ぎ込んだ就業規則を作成致します〜
社員の「解雇」やサービス残業などの「労働時間」・・・
中小企業にとってこれらのトラブルは大きな問題に発展します。
こうした労務トラブルは、あらかじめきちんとした就業規則があれば、未然に防ぐことができます。
また、近年では労働基準法や育児介護休業法等が法改正されており、対応した就業規則を作成する必要があります。


給与計算のアウトソーシング
〜トータルコストの削減を実現します〜
人事・労務の最前線ともいえる給与計算業務は、従業員の入退社の処理や給与額の改定だけではなく、
年末調整や社会保険に関する変更処理など一年を通じて多様な作業が要求されます。
給与計算代行は大量の業務をまとめて処理することで単価の低減を実現し、
これまで定型業務に割かざるをえなかった人財や時間をコア業務に振り向けることができます。


社会保険・労働保険の手続き
〜専門家として多くのノウハウから自社への提案を致します〜
経営者自らこのような手続きを行っていた場合、本業である経営に専念していただけます。
また、これらの手続きは毎年のように法改正があり、法改正に対応した手続きが求められます。
こういった法改正に基づく手続きは、どうぞプロにお任せ下さい。


助成金等の申請
〜助成金を活用する為に必要な準備をしませんか?〜
助成金の条件には「雇用保険の適用事業主であること」「労働者名簿を備えていること」「労働保険料を2年を超えて滞納していないこと」などの条件があります。
もし、これらの条件を満たしていない場合、助成金を受給するためにこれらの条件を改善していきましょう。
そして、無事助成金を受給できれば受給できたお金の額だけがメリットになるだけではなく、会社環境にも大きなメリットとなります。


【 年金についてのコンサルタント 】
〜年金相談・年金手続き(国内)〜
社員の年金受給は、60歳〜65歳まで段階的になくなります。「定年後の再雇用賃金」「高年齢継続給付」「繰上げ制度を利用した年金受給」とのバランスなど、きめ細かいアドバイスを提供します。

〜年金相談・年金手続き(海外関連)〜
アメリカ駐在員経験のある方(妻も含む)のアメリカの年金の御相談
アメリカ在住者の日本の年金の御相談
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
※詳細はこちらからどうぞ
スマイル年金研究会HP
URL:http://www7b.biglobe.ne.jp/~smile-nenkin/

イメージキャラクター


【 執筆 】
  社内報等の記事や連載コラムお受けします。

メディア

・ テレビ朝日『スーパーモーニング』年金問題のコメンテーターとして出演 (2003/7/8)

執筆

・『ASEANの社会保険実務』東洋経済新報社(共著)
ご購入はこちらから


・ 『労働社会保障実務から現代法を考える』 成文堂 (共著)
ご購入はこちらから


・ 事例式『相続実務の手続と書式』 新日本法規 (共著)
ご購入はこちらから

・ 週刊朝日(2003/7/4号) 仕事に関する取材を受け記事に
・ 週刊朝日(2003/1/3,10号) 『コラム年金注意一秒』 パートタイマーに新たな難題
・ 週刊朝日(2002/12/20号) 『コラム年金注意一秒』 払い続けた保険料が「ムダ」になるケース
・ 週刊朝日(2002/10/18号) 『コラム年金注意一秒』 会社に知られずに月給と一緒にもらえる
・ 週刊朝日(2002/9/27号) 『コラム年金注意一秒』 海外暮らしが長いと無年金になってしまう!?
・ 週刊朝日(2002/8/9号) 『コラム年金注意一秒』 早期退職を決断する前に考えておくべきこと
・ 週刊朝日(2002/7/12号) 『コラム年金注意一秒』 「熟年離婚」する場合は年金の考慮が大切
・ 週刊朝日(2002/6/14号) 『コラム年金注意一秒』 年金の「窓口」変更いい面もあるけれど・・・
・ 週刊朝日(2002/4/12号) 『コラム年金注意一秒』 学生時代の滞納軽く見てたら大損害
・ 週刊朝日(2002/3/29号) 『コラム年金注意一秒』 国民年金の加入者でも年金額を増やせる
・ 週刊朝日(2002/2/22号) 『コラム年金注意一秒』 25年払わないと無年金フリーターは注意
・ 週刊朝日(2002/1/25号) 『コラム年金注意一秒』 年金を受け取る条件最低25年の加入が必要
・ 週刊朝日(2001/12/28号) 「年金分割」、妻の取り分徹底試算

・ 『小さな会社の総務のすべてがわかる事典』 新星出版社 (共著)
ご購入はこちらから


講演

・ 埼玉県立熊谷女子高等学校『キャリア教育』講演(2014/9/27)
・ 専門学校『特別講演』(2016/12/12)

著作権に関すること

当サイト等に掲載されている文章を含んだコンテンツの著作権は当事務所の所有となります。
当サイト等の全部または一部を、権利者である当事務所の許可なく無断で複写・転載・転記する等の行為は法律に抵触し処罰の対象になります。
特に書き込みサイト、BBSサイトへの無断転載、無断転記に関しては刑事告訴も視野に入れ、断固とした法的措置を検討致します。

免責事項

当HPでの情報掲載に関しては万全を施しておりますが、全ての個別事案に対して絶対の保証をしているわけではございません。
掲載情報の取扱いに関しては、個人の責任において御取り扱い頂きますよう御願い致します。
当HP掲載情報の扱いに際し、個人もしくは法人が何らかの損害を被ったとしましても木村美知子社会保険労務士事務所ではその責任を負いかねますので、予め御了承下さい。