骨董市情報

着物を安く手に入れる方法として骨董市があげられます。場合によっては500円、1000円といった信じられない値段で着物が買えます。
しかし、慣れないと失敗も多いのが骨董市です。私の経験からいくつかの注意点を挙げたいと思います。

■着物の状態を確認するポイント
・汚れはないか(特に襟や脇にシミがあること多し)
・縫い目はしっかりしているか(糸には寿命があります、すこし引っ張るとバラバラということも・・・)
・裾は擦り切れていないか
サイズ(特に裄、丈)は大丈夫か(経験的に言って、身長170p以上の男性は骨董市で着物を探すのはかなり困難です)
・ツギや当て布はないか(昔の人は工夫して大事に着ていたようです)

■お店の人とのやり取り
・疑問点はどんどん聞く(専門家の話はためになります)
・とはいっても店の人の言うことはうのみにしない(自分自身も勉強しましょう)
・値切る(たいてい成功します)
・大島、結城などブランドの「証紙付き」を信じると失敗すること多し。疑わしきはパス。

■骨董市の必需品
・巻尺(絶対に必要、自分のサイズは記憶しておきましょう)
・買い物袋
・ウェットティッシュなど手をふくもの(結構手が汚れます)
・冬は防寒具、ホッカイロ等
・夏は帽子、サングラス

■管理人アドバイス
・朝早く行った方が掘り出し物が見つかります
・骨董市といっても、民芸品や手作り品を売っている店も混じっているので要注意
・根付に関しては、中国製の新品が大量に出回っているので気を付けてください(赤っぽい木製で作りが荒い)
・個人的には骨董市では一万円以上の買い物はしないことにしています。


骨董市情報サイト

骨董市サイト  全国の骨董市情報を網羅した総合サイトです

骨董市めぐりと開催日のご案内
  こちらも全国の骨董市情報を紹介

目次に戻る