施工上の注意事項(隙間対策・側圧対策・浮力対策)
                     

  
  隙間に対しては万全な対策が必要です。スラモルは水ではありませんが、それに近い性質を持っています。
 ほんの数ミリの隙間があると、そこから流れ出してしまいます。打設開始直後であれば、止める手立ては
 ありますが、中盤・終了間際に下部の隙間から流れ出すと止める方法はありません。
     事前に、適切な処置さえすれば、なんのトラプルもなく完璧な埋戻しができます。

     まずは隙間対策から

   
   生コンを打設する方法が最適(若材齢・無筋は注意) 

  一番安全なパターン。躯体の生コン打設で余った生コン
  を打ってしまうのも一つの方法。
     

  

  
   土でブロックする方法も適

  手前だけでも土が入れられるなら、このパターンはお勧め。 
     

  枠を作るより安心。
  
 
  
   枠で止める方法は最も一般的

  枠が少しでも動いたらおしまいです。サポートは多めに。 枠の片方をシートパイルにかける。
     

  ところどころウェスを詰め込み、発砲ウレタンも使用。
     

  枠と土嚢のコラボレーション。
     
 
  
   土嚢で止める

  1段だと飛ぶ(動く)可能性あり。2〜3列必要。       トンパック(トン袋)が動いてしまうほどの側圧がかかります。 
     

  土嚢が動かないように、H鋼など重いものを乗せる。
     

  
   ポリフィルム・ブルーシートをかける・ガムテープを貼る

   H鋼の間に矢板を入れ、内側にフィルムを張る。     フィルムの下側はまくれ上がらないように処理。
     

  ブルーシートを内側にコの字にかける。            矢板の隙間から回り込まないようにフィルムをかける。
     

  内側から鉄筋で引っ張って、外側には土嚢を積んで
  ある。さらに隙間にはガムテープで目張り。
  

 

  側圧に対しても注意が必要です。隙間対策が万全にできていたとしても、枠ごとバラケテしまったら悲惨な目に
 合うこと間違いありません。とにかく頑丈にということです。
 隙間対策と側圧対策はセットでおこなうと良いでしょう。

    ここからは側圧対策です。

  深さがあるときは、これでもかというくらい頑丈に。     現場に転がっている材料を利用するのが基本。
     

  H鋼を打ち、その間に矢板を入れ、内側からは鉄筋で
  H鋼を溶接して中に打ったH鋼に溶接して内側から
  引っ張ってます。これだけやれば、文句なし。
     

  枠と土嚢の2段構え。                      扉をそのまま残し、枠を当てさらに短管でガッチリサポート。
     

  枠を作るときは、下側部分を土の中に埋め込むのが   上側のサポートが甘かったので、終了間際に少し
  ポイント。(隙間対策)                      危ない目に遭遇。
     

  内側は土嚢3列。そして間にコンパネ。外側は土嚢2列
  さらに、土嚢何箇所かに鉄筋を串刺し。
  

  

 設備配管済みの場所に打設するケースが結構あります。そんな時は必ず浮力対策が必要になります。
 配管支持具を取り付けたり、アンカーを打ってチェーンで固定したり、生コンを先に打設したりして防止します。


    最後は浮力対策です。
  
  木杭を打って針金で固定。一番経済的。           L型ブランケットとUボルトで固定。
     
  
  ところどころに生コンを打って、さらに支保工で押さえる。
     

  ベルトが切れたら一巻の終わり。
     
 
  アンカーを打ってベルト数箇所で固定。
  水槽の中は水を充填して満タンに。
     

  アンカーを打って、チェーンで固定。              数箇所に土嚢をぶら下げる。(土嚢は浮くので注意)
     

  

  

  各種試験へ