各 種 試 験

            

   

     フロー値、密度、ブリーディング、一軸圧縮強度(供試体サンプリング)

    

     試験項目・試験頻度は現場との協議によります。通常はフロー試験と一軸圧縮強度の
       サンプリングとなります。

     六価クロム等の溶出試験は外部依頼となります。

     試験は生コン試験経験者が実施いたします。

  

    フ ロ ー 試験 → 日本道路公団規格「エアモルタル及びエアミルクの試験方法(JHS A 
                 3113−1992)」のコンシステンシー試験方法のシリンダー法に準ずる。
                 内径80mm、高さ80mmの鋼製シリンダーを水平器等で平坦を確認し、
                 辺長45cmの鉄製版上に置き、シリンダー上面まで埋戻し材を空隙がない
                 ように満たし上端面をならす。シリンダーを静かに鉛直上方に引き上げ、
                 埋戻し材の最大と認められる径と、これと直角方向の径を測定し、測定値
                 の差が20mm以下であれば平均してフローとする。

    ブリーディング試験→土木学会基準「プレバックコンクリートの注入モルタルのブリーディング率
                 及び膨張率試験方法(JSCE−1986)」に準ずる。混合直後の埋戻し材を
                 所定のポリエチレン袋(径5cm、長さ50cm以上)に空気が混入しないように
                 満たし、水を400cc入れたメスシリンダー内に入れ、埋戻し材の表面と水位
                 を合わせることにより、初期体積を求め、放置20時間後に同様にして測定
                 し、水位の下がりを測定し、初期体積に対する割合でブリーディング率を求
                 める。 

    一軸圧縮強度試験→「土の一軸圧縮試験方法(JSG−0511)」に準じて測定をおこなう。
                  現場荷卸し時に供試体(5φ×10)
を作成し、所定材齢まで湿潤状態で
                  養生する。

                   

     
     

 一軸圧縮強度の目安

                           *フロー240mm、自社粉砕砂(再生砂)使用の場合

セ メ ン ト 量 4 週 強 度 打設後上に人が乗れるまでの目安
(Kg/m3 (N/mm2 常用時 夏 季 冬 季
10 0.2 〜 0.4   3日〜3.5日   2日〜2.5日   4日〜5日
30 0.3 〜 0.6   2.5日〜3日   1.5日〜2日   3日〜4日
50 0.5 〜 1.2   1.5日〜2日   1日〜1.5日   2日〜3日
75 1.0 〜 1.6   1日〜1.5日   1日   1日〜2日
100 1.5 〜 2.7

★ 打設箇所の状態により変動します。
★ フローの大小により変動します。
★ 天候の状態により変動します。



 注 意 事 項

  材料(特に砂)が変わると強度に変化が生じます。
  
  例えば、粉砕砂の代わりに生コン用粗め砂(品質は抜群に良くなりますが、価格は高く
      なります)を使用すると、同じセメント量の配合でも、1〜2ランク強度がアップするといった
      傾向が生じます。


  打設箇所の状況(水はけがよい、水が溜まっている、四方がコンクリートで囲まれている、
  建物の中・外)により、強度の出方に変化が生じます。  
  
      水はけのよい場所に打設した場合の方が強度が出ます。
      水が溜まっている場所やコンクリートで囲まれている場所への打設では、数日間表面が
      硬化せず、打設後の数日間は上で作業することができない場合があります。


  フロー値の大・小(やわらかい・硬い)により、強度の出方に変化が生じます
   
  流動性は犠牲になりますが、フローを硬くすると強度が出ます。逆にフローを大きくすると
       流動性は良くなりますが、強度が押さえられます。


  季節により強度の出方に変化が生じます。
  
  夏季は強度が出ます(初期強度が出安い)逆に厳冬期は硬化速度がかなり遅れます。
      打設箇所の状態や気候、天候、気温などの変化により、強度が1ランク・2ランク上下する
      ケースが生じます。



  埋戻しで困った時には

  当方のスラモル課の担当者にご連絡ください。配合をどの位上げるか・下げるか、フロー
       をどの位大きくするか・小さくするか、表面にセメントを捲く、急結剤を使用する、水のポンプ
      アップにおける最適な方法など、現場ごとに最善の方法を提案いたします。

      

      スラモルの各種証明・成績書へ