境内散歩

正面鳥居
正面鳥居
境内正面のこの大鳥居は延宝6年(1678年)日照りが続き干ばつにみまわれた時、村人あげて雨乞いし祈願したところ7日後大雨に恵まれ、池の水も溢れるがごとく田の稲も潤い、御神徳を賜ったことに感謝し造営されたことが刻まれています
御神木

  山桃の木
    (高槻の古木指定)       

山桃の木
拝殿

初宮詣・厄除・病平癒・七五三など御祈祷するところです。

平成元年11月基礎、柱を補強し現在の外観になりました。
また平成15年10月屋根瓦を全面葺き替え修復しました。
大明神舎

明治41年宮之川原の春日神社、浦堂の若宮神社を当神社境内に移設。
学識、知恵、家内安全の神、天児屋根命をお祀りしております。
大明神舎
絵馬所
絵馬所
大昔は、生きた馬を祈願の時に供えた名残で、絵に描いた馬を奉納しました。

それが段々小さくなり、現在のような形になりました。
合格祈願、病気平癒、健康祈願など自分の願い事を書いて、奉納するところです。
本殿御門

以前は鈴緒が1つでした。参拝者が多くなるにつれ増やしましたが、元日の初詣時には長い行列が出来てしまいます。
本殿御門

表紙へ 御本殿参拝