Kam Kam(カムカム)   〒532-0024 大阪市淀川区十三本町2-3-8
 TEL: 06-6225-8794 メール



トップページ  Facebook  ブログ   ご購入について   








Kam Kam(カムカム)のスイートポテトは、ここが違います



@本場産地のサツマイモを使用しています。

本来の土壌・気候の中で育てられたおイモは、やはり美味しい、という率直な感想から。本場と言われるには、そのおイモに合った気候や土壌などの、それなりの理由があるのです。大人気の安納芋も、種子島産にこだわって取り寄せています。以前に、種子島ご出身で在住のお客様とお話をさせていただいた際、「同じ鹿児島産でも、(味が)全然違うもんな」とおっしゃっていましたので、確信を得ています。


A二度焼き製法で、おイモの旨味がぎゅっと詰まっています。

当店はやきイモ屋からスタートしました(株式会社AB'S・「芋の駅AB'S屋」という屋号で大阪・十三の商店街で営業し、2014年に閉鎖。私はそこで使っていた什器を譲り受けて独立しました)。もともとこのスイートポテトは、売れ残った焼き芋が“もったいない”ので、“なんとかしたい”という考えから始まりました。やきイモにしてから、更にオーブンで焼き上げるという二度焼き製法で、更に甘みが増し、おイモ本来の旨味を充分に引き出すことができます。チョコレートや、カスタードクリーム等にはない、とても優しい味です。


Bおイモの品種・状態に合わせて副原材料を調整しています。

サツマイモにはいろんな品種があり、特性がありますが、それぞれに糖度や水分の含有量などが異なります。また、収穫後の貯蔵期間によってもそれは変わってきます。9月頃になりますと、スーパーなどの売り場にサツマイモがここぞとばかりに並びますが、おイモは寝かせば寝かすほど甘みが増しておいしくなります。個人的には年明け以降が最高においしい時期だと感じます。4月などは感動モノです。

当店では、おイモの、その時々の状態に合わせて、牛乳・砂糖などの副原材料を調整して最小限にし、
おイモが主役のスイートポテトに仕上げています。ですので、何のサツマイモを使ったスイートポテトなのか?がわかります。スイートポテト(=おイモ)の食べくらべが出来ます。見た目の色もそれぞれ違っていて楽しいですよ(と思います)。見て楽しい、食べて楽しい、おイモのプロならではのスイートポテトだと思っています。

また、当店のスイートポテトは、ほぼおイモで出来ていますので、朝食の習慣にしていただけますと、お通じが格段に良いです(私が実証済)。ミニサイズは、一口で食べることのできる大きさですが、腹持ちも良いです。是非、当店のスイートポテトで美容upと健康増進のお手伝いをさせてください!


C無添加の原材料を使用しています。直接の添加物も不使用です。

色のついたスイートポテトも、着色料等の入っていない無添加の材料を使用しています。抹茶のスイートポテト、ほうじ茶のスイートポテトなどもございますが、これも京都和束産の無添加のものを使って作っています。また、無添加と謳いながら添加物の入った生クリームを使用している所が多々ありますが、当店は無添加の生クリームを使用しています。もちろん直接の添加物も使っていませんので、完全無添加でカラダに優しいのです。


※また、当店は「日本イモ類研究会」(所在地:東京都港区赤坂)に個人会員として所属し、サツマイモについて日々知識を 深めています(・・)




 (C) 2016 Kam Kam(カムカム).