WELCOME!

こんちゅうじょうほうはっしんきち

あなたは 人目の虫好きです。



侵入生物データベース 国立環境研究所

外来生物の分布拡大予報



---愛知の珍虫ヒメタイコウチ(見かけたらお知らせください。)---

---昆虫に関する質問はここへ---



■同定に便利なサイト

●論文

J-STAGE

CiNii

●全般

昆虫図鑑こんちゅうずかんデータベース(理科教育用教材データベース)

昆虫研究所

虫ナビ

昆虫エクスプローラー

福光村昆虫記

九州大学昆虫学コレクション

大阪府立大学WEB博物館「ハーモニー博物館」

貯穀害虫・天敵図鑑

●甲虫

甲虫類(beetles)を中心とした所蔵標本(みどりの昆虫館)

大阪府のテントウムシの見分け方

吉崎ネット甲虫館

インターネット ハムシ図鑑

関東を中心とした地表徘徊性甲虫.オサムシ科(Carabidae)-初心者向け仕分け法

WEB図鑑「里山のゴミムシ」

●その他

幼虫図鑑(蝶,蛾などの芋虫,毛虫の類)

カマキリの見分け方

日本産チャタテムシ目の目録と検索表



外国からのカブトムシ・クワガタムシの持ち込みについて(農林水産省植物防疫所)



イベント情報




お 知 ら せ

水生昆虫2 タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック発刊
タガメやタイコウチを中心に水生のカメムシ目89種掲載。
文一総合出版

水生昆虫1 ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック発刊
ゲンゴロウを中心に水生の甲虫160種を紹介。
文一総合出版

日本蝶類学会(フジミドリシジミ)から日本蝶類科学学会へ
日本蝶類学会(フジミドリシジミ)は2014年11月1日より新生「日本蝶類科学学会」としてスタートしました。
日本蝶類科学学会

日本甲虫学会と日本鞘翅学会対等合併
日本甲虫学会と日本鞘翅学会は,2008年11月に松山で開催された合同大会の総会において,両学会の合併について検討を進める事が承認された.直ちに両学会の間で合併問題検討委員会を組織し,約1年間にわたって慎重に協議を行なった結果,2010年に両学会が合併することで基本的な合意に至った.両学会長は,この合併が,「日本の甲虫学の発展に寄与するとともに,相互の歴史と文化を尊重する対等合併である」旨の覚書を作成して調印した.これに基づいて作成した新学会会則(案)は,それぞれの学会の2009年度総会に提案・承認され,2010年1月1日に新学会「日本甲虫学会(Coleopterological Society of Japan)」が発足した.
新・日本甲虫学会



新 着



日本産ハバチ・キバチ類Web図鑑この日本産ハバチ・キバチ類目録は,当初は総目録改訂版出版までの暫定版として作成したものですが,近年も新種記載等が多く行われており,変化が大きいことから,改定の容易なWeb上の情報として今後も残し,適宜更新を行うこととしました
WEB図鑑「里山のゴミムシ」本データベースでは、日本産ゴミムシ類のうち、今注目されている里山環境に生息する296種の画像情報や生態情報を公開しています。滋賀県立琵琶湖博物館
日本半翅類学会日本半翅類学会は半翅類(昆虫綱:カメムシ目 Hemiptera)に関する研究の発展およびその成果の普及を図り,あわせて半翅類に興味を持つ者相互の理解と親睦を深めることを目的とする人々の集まりです。
廊下のむし探検このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します。
プロ裏ミング日記macOSやiOSアプリ開発のプログラミング奮闘記です。「図鑑」は、主に京都市 吉田山で撮影した昆虫、鳥、植物などのカタログです。
株式会社GEOソリューションズ課外活動→日本各処で発見した虫の情報を写真と共に蓄積しております。本社のある阪神間で発見した昆虫だけに絞り込んだり、大好きな南西諸島に生息する昆虫だけを絞り込んだりできます。


●昆虫に関する質問はここへ●


ご意見・ご感想は

・このHPは、リンクフリーです。
・昆虫アイコンはinter mezzo提供です。
登録希望(無料),情報提供の方は ここからお知らせください。
・ただし未成年等にふさわしくない画像等やリンクが含まれるものは登録できません。
・バーナー広告希望の方はメールにて連絡下さい。


虫屋の道具箱
(本日= 昨日=
1996.11 昆虫情報発信基地 管理者:ごんぎつね