HOME
Tube Jockey


なにもかも投げ出したいって気持ち、わかるな〜。




■2011.1.1 謹賀新年
新年、明けましておめでとうございます。
お正月はやはりこれしかありません。
      春の海

■2010.12.5 Ventures X'mas
ア〜、もう12月か〜。というわけで、なにはなくともベンチャーズ。毎年この時期にデパートに行くと 必ずベンチャーズのクリスマス・アルバムですね。イントロ当てクイズじゃありませんが、 アレンジが実に秀逸です。快調にスイングしてるし。
Full album

ジングルベル赤鼻のトナカイ楽しいそり滑りWe wish a merry Xmasサンタが街にやってくるWhite XmasFrosty SnowmanSnow FlakesSilver BellsCover版


■2010.9.18 ドレス・コード
ビッグバンドのドレス・コード、黒基調は(昔の)Buddy Rich Bandのように 制服を着るレギュラーバンド以外では一般的なようで、ざっと確認しましたが大体そのようです。
Bob Mintzer Big Band…ほぼ黒基調

というわけで、LSOPも黒基調にしようということになり、
例によって某アパレル企業を儲けさせてしまったようです。

John Fedchock New York Big Band…バンマス以外、黒シャツ黒スーツで統一
The Vanguard Jazz Orchestra …黒基調、ネクタイ以外モノトーン
Manhattan Jazz Orchestra…モノトーン、ネクタイで自己主張?
Les Hooper Band…ほぼ、全員黒シャツ、暑いので半袖
Airmen of Note…全員濃紺?




■2010.7.3 Sunny
リズムセクションの練習曲にSunnyを選択したのでサンプル音源を探してみると、 でるわでるわゾロゾロと。。。オリジナルは1966年のBobby Hebb、直ぐにDusty Springfieldが3拍子でカバー、 Stevie Wonderも1968年と早かった。
Bobby HebbDusty SpringfieldStevie Wonder

1970年のEllaとTom Jonesになるとシャウトになり、 出色は1971年のJames Brown、このダンスはどこかで見たような。。。そう!マイケル・ジャクソンの ダンスにそっくり。これが本家だったわけですね。最近のお気に入りはPat MartinoとJohn Scoのライブです。これは名演。 Joey DeFrancescoのハモンドも素晴らしいです。
Ella & TomJames BrownPat Martino & John Scofield


■2010.6.14 Channel One Suite
シャネル#1といえば、バディーリッチの難曲だと思っていたら、フットボールのマーチバンドが いとも軽やかに演奏しちゃってるでないの。何事もやり方次第だと思いました。画面をよく見ていると 曲が始まって暫くしたところで大笑いさせられる箇所があります。【^^】
Channel One Suite by Marching Band

本物はこちら。比較的新しい映像のようで画面がとても綺麗です。LSOPでも一度トライしたことがあった はずですが、その後譜面が霧散してしまった様子。どこかにないかしら?

Channel One Suite 1Channel One Suite 2Channel One Suite 3


■2010.6.5 Britain's Got Talent

Britain's Got Talentを久しぶりに探訪、スーザンなんとかの歌物は避けて芸達者をみていくと、 こんな心温まるペアがありました。こういうのは、素人臭いところがまたとても良いですね。   Tina and ChandiFinger Break Dance
そのあとで、な、なんと、増尾好秋が歌っているのを発見!歌のメロディーと声は井上順の「昨日今日明日」によく似ているけど、それにしてもちょっと。。。 増尾好秋井上順

ついでに、強烈な声の持ち主たちをご紹介。このVitasって男性は何度聞いても凄い。5th elementのDiva Danceを 歌っているのはインヴァ・ムラ・チャコというオペラ歌手だそうだが実際には80%までしか歌えなかったそうで、さすれば アマチュアながらDiva Danceを真似ているLauraは後半歌いきっており凄い。

Greg PritchardVitasDiva DanceDiva Dance by LauraYodel girl


■2010.5.6 Chet Baker

どこでどう操作したか記憶にないが、Chet Bakerの鬼気迫る演奏に遭遇。バックはヨーロッパの ミュージシャンであろうか、落ち着いていてとても良い。
『Chet Bakerのトランペットは残らないがボーカルは残る』と言われた往年の名作を 絞り出すような声にのせて歌いきっている。トランペットのソロも素晴らしい。
この人はAIDSで亡くなったとか投身したなどと伝えられているが、 この映像からは60に満たない歳にしては異常にやせ細った身体が痛々しい。5月13日が命日だそうで、合掌。
My Funny ValentineYou'd be so nice to come home toJust Friends

映像はないが、若い頃の歌声を聴くとまるで女性のよう、中性と称された所以である。
Autum Leaves1But Not For Me
復帰後に出されたPaul Desmondとの共演はSteve Gadd、Ron Carterなどをバックに据えておりモダンで 大好きなアルバの一つ。Bob Jamesのピアノソロがとてもよい。それにしてもこんな映像がよくあったな〜。
Autum Leaves2

■2010.4.18 Budy Rich Orchestra


スティーブ・ガットがバディ・リッチのバンドを叩いているページから、Budy Richものがゾロゾロと出てきたが、Streight No ChaserはLSOPもまだカバーしてません。1987年にはもう亡くなっていたって改めて知りました。合掌。。。
Ya Gotta TryWind MachineLove For SaleStraight No Chaser


メモリアル・コンサートではドラマーを替えながらの演奏。いったい何人出ていたのかしら。。。
Steve GaddDave WecklWho is he?Vinnie ColaiutaGregg Bissonette

■2010.4.5 Steeve Gadd Live

先日の強風と高温で一気に桜は満開になりましたね〜。 深大寺へ蕎麦を食べに行き、ついでに植物公園を散策して枝垂れ桜なども堪能。。。 したと思ったら翌日からはまた寒くなってしまって、一体どうなっているの?


さて、好きなBill Brufordを聴いていたら、Steve Gaddに遭遇。この人もいいですね。 スタジオでの音合わせでしょうか、Gaddがメトロノームでスピードを確認してから 始めるところが映っています。彼のようなベテランでも微妙なテンポをきちんと確かめる ところは我々も見習わないと。。。
  IntroductionStreet LifeStuff Live

こちらは4ビートもの。カウントを取ってからの最初のショットが実にカッコよい。
ブラシを使いながらバイバイ・ブラックバードを歌うシーンもあるます。
  Budy Rich BandTake the A TrainTake the A Train #2Bye Bye Black Bird

■2010.3.29 Oldies on TV

花冷えというのでしょうか。最近また寒いこと。 写真の桜は近所で見つけた今年の初物です。この通りに沿ってズラリと満開です。 先日の陽気で咲いてしまって本人も”しまった!”と思っているでしょう。【^^】


第九を歌うことになったので参考にするものが何かないかと探していたら、 古い映像の中からこんなのがゾクゾクと。。。
ローンレンジャーコルト45ローハイドライフルマンガンスモークボナンザ

TVドラマでも新しくなるにつれて音楽もjazzになってきていたことがよくわかります。
サンセット77それいけスマートワイルド・ウエストピンクパンサー

■2010.2.22 Route 66


ふと気が付くとアクセス回数が3000に。オープンして1年ですから、毎月200回 といったところでしょうか。今後も変わらぬご愛顧をお願いします。

John Pizzarelliをライブで聴いたことがありますが、演奏は完璧、その合間に観客に 語りかけるやり方が上手で、イケメンだから殆どおばさん達ばかりの会場は終始爆笑 の渦でした。余裕がなければ出来ない芸当。エンターテイメントとはこれだと言う感じ。 日本でいえばグッチ裕三かモト冬木。ちょっと違うナ。。。Route 66の聞き比べです。

      John PizzarelliNat King ColeBobby TroupGEORGE MAHARIS

■2010.2.11 Cantaloop island


昨年見つけたコンテンツですが、最近画質が倍良くなりました。良い演奏なので有り難いです。 Cantaloop Islandはメセニーもお気に入りのナンバーなんでしょう、トリオでもやっています。

      Hancock and MethenyMetheny TrioMetheny,Holland,Haynes


■2010.1.25  Stranger In Town


「タモリの音楽は世界だ」にメセニーが出演した際のTV画像。なんとオリジナルのコピーを日本人が そっくりに演奏してUPしていた。このひと上手だな〜。

   Pat Metheny謎の日本人