梢の先に見える白い峰 近づく厳冬 2006-12-23
撮影場所 飯島町

この時期の山は一番静かな
時かもしれない。
衣擦れの音と砂利や落ち葉を
踏む靴音がやけに大きく聞こえる。

時折、遠くで聞こえる
小鳥の他は何の音も聞こえず
白く雪化粧した峰々は
枯れ枝の梢越しに
凛とした姿を現せていた。

滴る水は凍り付き
見事な造形を見せている。

渓谷の流れは、あくまでも
青く、落ち込みの壺では
エメラルドグリーンの川面に、
時折、落ち葉が回る。

厳冬を迎える山は
しばし静かに時を過ごす。


  戻る  TOPに戻る
氷の造形