テントウムシテントウムシ 2004-2-21
撮影場所 松川町

春霞の暖かい陽気が続いている。
陽気に誘われたのかテントウムシが
雪の上をよたよたと歩いていた。
どこで越冬していたのか?
越冬場所らしき物は見あたらなかったが
小さな虫、きっと何処かに
ねぐらがあるのだろう。

渓流釣りも解禁になり
釣り人の姿がちらほらと見受けられた。

林道の雪は溶け始め
雪解け水が沢のように流れていた。
ネコヤナギは冬芽の殻を
破り、暖かそうな綿毛をまとっていた。


  戻る  TOPに戻る