写真機の話 2005-10-30

私の子供の頃はカメラのことを
写真機と言っていた気がする。

子供の頃、友達の家で写真のプリントを
するというので遊びに行って
現像するところを見せてもらった。
赤い電球だけの薄暗い部屋で
現像作業は始まった。引伸機に
フイルムをセットし、ピントを合わせて
印画紙を置き、焼き付ける。

赤い電球の下で現像液に浸けられた
印画紙にボーット画像が
浮かび上がってくるのを見て、
わくわくするような
不思議な気持ちを味わったものだ。
あの頃の事を鮮明に覚えているのは
よほど強烈な驚きだったと思う。
それ以来、メカニカルな写真機に
憧れに近いものを持ち続けている。
もちろんその当時は写真機など
買って貰えるような状況ではなかった。

ちょっと昔の写真機 
ゼノビアR
  アルペンフレックス  ファーストシックス
ヤシカフレックス  ミノルタHI−MATIC7
ヤシカエレクトロ35 ヤシカエレクトロ35GT
オリンパス35DC  ミノルタA5 オリンパス35-S
コニカC35 リコーメイト オリンパスXA

写真機の話あれこれ
古〜いレンズ コンパクトデジカメは接写に強い?

初めて自分のカメラを手に入れたのは1963年頃だったと思う
この頃は主流が二眼レフやスプリングカメラのセミ判から35ミリカメラに替わっていた。
カメラはミノルタの「HI−MATIC」だ、この頃のカメラはカメラと呼ぶのにふさわしく
オートAEがつき連動距離計でピントを合わせるだけのお手軽カメラになっていた。
しかしその後一度もこのカメラを持ち出した記憶がない。
オートで写すカメラに全く興味を持てなかったのである。

今はハイテクのデジタルカメラを使っているが何となく物足りなさを感じ始めている。
1950年代のあこがれの写真機を使ってみたくなった。

    TOPに戻る