オキナグサ
「オキナグサ」<翁草>キンポウゲ科 オキナグサ属 2004-4-10
白い毛を密生し、釣鐘形の花を下向きにつける。
和名は花後につく羽毛状の実を白髪の翁に見立てたもの。
花色 赤柴色で花茎の先につく
花びら(がく片)6枚、花の大きさ 長さ約3p
葉の形 苞葉は線状に切れこむ
根生葉は2回羽状複葉
葉のつき方 根生、 茎葉は輪生状
茎の高さ 10〜30p 
花期 4〜5月
絶滅危惧種

オキナグサは一度は見てみたいと思っていた花である。
昔はそこいらの山野にいくらでもあったと聞くが、
今では伊那谷でも私の行動範囲では1株も見つかっていない、
幻の花となってしまった。この写真は園芸店で購入し庭に植えたもの
群馬県の生産者は絶滅を心配し、僅か数株のオキナグサから
種子を採取し、今では販売できるまで栽培技術を確立されたようです。
私も山野でふだんに見られるぐらいの復活を望んでいる。

 芽吹きに戻る  戻る  TOPに戻る