オニグルミの葉痕春を待つ 2003-1-18
撮影場所 与田切公園

天気予報では降水確率50%
山登りをあきらめ千人塚から与田切公園まで
散策に出かけた。天気予報は外れ、
薄日が差す暖かい陽気になってきた。
与田切川左岸を歩くこのコースは
人っ子一人いない静かな散策が楽しめた。
葉を落とした林は、からりと明るく
たくさんの小鳥たちが飛び交っていた。
道にはイノシシの足跡が無数にある。
休猟区のここでは野生動物も安心して道まで
出てくるのか、食料を探して
里に下りてきたのかもしれない。
何も無いように見える林の中では
「オニグルミ」の葉を落とした後の「葉痕」が
今年のえと、羊のようにも見えた。
硬く閉じた冬芽も、春の到来を待ちわびている。
      
    戻る  TOPに戻る