厳冬の美ヶ原スノーシュートレッキング 厳冬の美ヶ原高原
スノーシュートレッキング

2006-1-26

厳冬の美ヶ原高原は一度
行ってみたい場所であった。

この時期の美ヶ原高原までのアプローチは
和田村役場前から野々入川沿いに走る
山岳道路「県道美ヶ原和田線」一本である。
道路は除雪が行き届き、
最近の積雪はなく、四駆でゆっくりと走れば
スタッドレスタイヤだけで上れた。

年間に何日も無い上天気に恵まれた
厳冬の美ヶ原高原は果てしない雪原が続き
何の遮るものもなく広がっていた。

標高2000mの高原にしては
暖かい氷点下8℃、
快適なスノーシュートレッキングを
約束されたようなものだ。
雪原は一面、シュカブラで覆われ
厳冬の強風と厳しさが容易に想像される。

一見あらゆる生物を寄せ付けない
過酷な環境に見える雪原でも
林の近くや里に通じる崖の上には
ウサギや狐の足跡、動物の糞を発見する
想像力をたくましくすると野生の逞しさや
想像の世界に遊ぶことが出来る。

王ケ頭を右手に見ながら
百曲付近までのスノーシュートレッキングは
遠くには日本の屋根、
アルプスの風景の多くと浅間山まで見渡せる
固く締まった雪原の上は
雪面に足を取られることもなく
3時間半あまりの快適な
雪上トレッキングであった。


  戻る  TOPに戻る
美ヶ原高原のダケカンバ林