重ねるぜよ!! ありそうでなかった長崎限定幕末グッズ。

激動の幕末を駆け抜けた風雲児たち。長崎にゆかりのある5人が
キュートな入れ子人形(マトリョーシカ)になりました。




     
 (パッケージ)






 一の重  ニッポンを変えた幕末の風雲児

  坂本龍馬   (1835〜1867)





土佐藩。勝海舟と来崎。日本初の商社「亀山社中」を結成し
海運業を開始。薩長同盟を成立させ大政奉還に導く。
明治維新直前に京都の近江屋で暗殺される。享年33歳。
  



※高さ 約11センチ





 二の重  自由奔放な生き様に龍馬が惚れた


  おりょう(坂本 龍)   (1841〜1906)




坂本龍馬の妻。京都の医者楢崎将作の娘。寺田屋では
入浴中に風呂から飛び出して
佐幕派の襲撃を知らせて竜馬を救った。
 
  

※高さ 約8センチ


※高さ 約8センチ




※高さ 約11センチ







 三の重  世界企業「三菱」を作った男

  岩崎弥太郎  (1835〜1985)




三菱財閥創始者。土佐。貧しい地下浪人ながら
幼少より文才を発揮。
江戸で遊学後、藩の商務組織「土佐商会」主任に抜擢、
長崎の海援隊の経理を担当。
   
※高さ 約8センチ








● 四の重  世界をまたに掛けた冒険商人

  トーマス ブレーク グラバー
   
   (Thomas Blake Glover)           (1838〜1911)                     
 



開港直後に来日、長崎代理店「グラバー商会」を設立し
討幕派に武器を販売する。
長崎で日本初の機関車を走らせる。
三菱の相談役、高島炭鉱の開発者であり、
キリンビールの創始者でもある。
    
※高さ 約5.5センチ








 五の重  太平洋を渡った龍馬の師匠

  勝 海舟   (1823〜1899)




江戸。蘭学や西洋兵学に通じ、黒船来航の際の意見書に
幕府が着目、海軍伝習生として来崎する。
咸臨丸で渡米し
日本人初の太平洋横断に成功。
神戸に海軍操練所を設立し坂本龍馬らを育てる。
    
※高さ 約3.5センチ










※「マト龍馬」は天然木にひとつひとつ手作業で描かれておりますので
  絵柄や大きさなどが若干すべて異なります。


★ご購入はこちらから(取り扱い販売店)

・長崎空港   グラバー園   ・長崎県美術館 

・長崎まちなか龍馬館  

・ホテル矢太樓   ・長崎ワシントンホテル   ・中華料理 四海楼

・長崎駅前 すみや アミュプラザ長崎店   ・新地長崎ビードロ幸瓶

・長崎歴史文化博物館 (近日予定)

・サラン コーポレーション (← どうしても長崎に来られない方はこちらから)


※タイトルバナー  



マト龍馬シリーズ 第二弾が出来ました

 土佐編 



企画・制作:日海貿易長崎営業所 (原案:池辺 研 )



《リンク》


        長崎市各所の名所史跡を絵はがきにしました。


        有名人の似顔絵見本。長崎市の路上で似顔絵を描いてます。 



        福の神、妖精、妖怪、サンタクロース、干支などの「福運絵」はがき。


       



戻る
戻る



サラン コーポレーション(マト龍馬のご注文)
サラン コーポレーション(マト龍馬のご注文)