カウンターカウンター
笹栗弘喬

 

   笹栗弘喬  2013.05.24

皆さんに、ただ感謝あるのみ。生あればこそ!不安を感じる間はさらに修行が求められる。

 最近の私84才、人間毎日新しくなる。魂は生きていて私達の体を支えてる。現世にも霊界にも、私たちは居ると言う事。ただ霊界では肉体が無いから話す事等は出来ない。 

日記
03.18 たまみさんと高山整形へ
63から67へ、骨密度
3ヶ月注射2回/月
手伝って貰ってケーブル張
白PCの接続完成
葉書大プリントOK
03.28 大塚さんに葉書出した
03.29 二カ領用水の桜、康子とたまみ
03.30 ツクイ、篠崎アスカさん。絵が上手い。
03.31 葉子帰宅4:30
板倉さん、板倉ヒトエさん、6才男女 弘道、文の、7.5.2才。
2013.04,03 桜井さん 静か??
04.08 外歩き35分、休みなし
勝俣さん旦那、柳沢龍の介の母、赤い車107初対話、黒い斑点でプラビックス飲まず。花は咲く歌憶え。
04.09 火 たまみと牧野クリニック
移転の紹介状と注射psa お茶飲み
04.10 水 美濃部、石川、箕輪、佐竹、吉田秀男、佐竹、
石田、遠坂、原、
04.15 ユリエ携帯充電 痛み和らぐ
花粉今少し有
04.16 新聞 幕末の大誤解 熊谷充晃
1260¥?

04.17 Flips 328fa5f2
328fa5f2
フリップス 暗証番号

銀行客2人
康子写真コピー
フリップスPW 上記
ソゥグ修理 柿生の先、病院

04.21 日 dpeamweaver DISK探しをやめた。NO 少しDWを弄ったら回復した!!!?

余生の日記を創る

04.26 たまみさん、 ポマードX2
買った、
05.01?朝日新聞、NHKと憲法改正で反対意見の調査結果を報道?

05.04 水虫見つけた。消毒が無効!?原さん、右目レンズ濁り?
05.05 日 たまみ宅、往復1時間
05.06 月 25分 ナザール、マイスリーストップ中。手術の被害研究
ディスクと写真の整理すみ。
05.18 土 ツクイで応援歌歌った。
岡田さんと17日新百合ケ丘総合病院の部長に面接前に、ドアの前で会った、たまみ紹介、彼の姪御さんが居た。妻子不在か?
05.19 日 歩行2回 康子ぷーる
10:30〜15:00 名画読み始め。雑紙
¥650読んだ。登代子さんのミカン甘い。遠藤さんから葉子の情報来た。

05.20  月 要介護度査定 島田さん。

05.23 木 義姉のメモ4冊を読んだ。CMさんのお世話は大変だったようだ。

05.24 バッテリー交換 

ウララちゃんの演技大勢の前でうたいながら踊った。絶妙! 

体調報告 冠動脈(心臓のための動脈)数本のくびれ、弓部大動脈瘤過大。 手術は不可。2013.05.07

03.31 来客/ヒトエのところはクラランス(男)とマリオン 双子なので同じ6歳。
弘道のところは 嫁が文野 (あやの)、子供は 詩野(うたの)ダンスのうららと末の子上手なウララちゃんのダンスは保存中 新しいマックおよび携帯にビデオあり(newer system)。大変賑やかで楽しい一日となりました。

0 3.27 中学の大塚達夫君から手紙が届いた。感謝。メールを教えたい。 

03.25 葉子の誕生日。釜田さん打ち合わせ。アクアピアの受け入れ可能性?無し!

03.18 高山整形で骨密度63<67

03.03 従兄弟の笹栗裕二さんとあつしさんが立ち寄ってくれた。全く予期せぬ喜びであった。約3時間。たまみと隆文さんも同席出来た。

 

 

実根とデービッド   健ちゃん

 栗を拾った恵 

今年は例年になく寒かった。02.25

 

脳神経障害は治ります。イヤホーン療法(木村敏彦さん) 

ツクイ株式会社 千代ヶ丘営業所 044-969-2525 www.tsukui.net New!

 

 笹栗実根   (米/ワシントン)次女、元フジテレビキャスター 

NewYork Times

『思いは通じる』奇妙な霊界の体験  2009年 5月15〜16日 16才
 昭和24年ころ原さん(下記参照)にお世話になった私 だったが(保存版) !!! 心は死ねないと思うきっかけでもある。 
  我が家の敷地に今もある豪州からの持ち帰りの鉄製ゴミ箱    
陸軍士官学校(朝霞)にいるときに原さん(西荻窪のおばさん)が面会にきてくれた、1945.  
昨日(2009年5月15 日)4:00からの「心の時間」東京物語を聞いた後、早朝のリハビリ歩行中に、家の前の道路に出した鉄製のゴミ箱が見えなくなっていました(6:30頃)。誰かに盗まれたか?しかしあんなに古くて目立つ鉄の箱を何のために?とひと騒ぎしました。後ほど家内が出て調べたら、ありましたと!

しかも見えなくなる前に私がみたその位置に!
今朝(5月16 日)の午前9:30、ワシントンにいる娘から机上の移動電話機にかかってきました。取り上げると「すごい雑音で聞こえない」とのこと。私の受話器では雑音が無くクリアであったので、奇妙なことだと目の前の机上のパソコンを終了してみるから待って!と言ったら、又かけるから!という声でガチャンと切れた。またポケットラジオの雑音がうるさいので、一階のあちこちを調べたら「源」は机の右端でした。しかし電話機を移動、パソコンを移動しても雑音は消えませんでし た。机上の右手に「人魂」でもいるような感じでしたが30分ほど調べて原千恵さんの思い出をパソコンに纏め始めたところで「パタッ」と雑音が治まって平常にもどりました。
追加 原千恵さんとは(当時、原千恵子という一流のピアニストの名前は有名だった):昭和24年春に
私が訪問、下宿、数ヶ月、続いて吉祥寺の下宿へ。原さん宅では硫黄鉱山主(いまは千葉在住の次兄、成美に聞いた)が病床にあった。飯塚市のヨシオ、親戚の三井病院三井邦年?の近くの人、一度お話を伺ったが、中身は今は思い出せない。
コロンビア作曲家の平川英夫さんご夫婦がその後に仮住まい(千恵さんの弟らしい)。「愛の散歩」を作曲、池真理子のうた。並木みち子も来ていたようだ。旦那が浮気をしたこと、夫人に訴えられた。目が大きい奥さん。
陸軍士官学校にいた頃、私へ面会に来てくれた原さんに長兄の靖文が事前に小銭を託したが、長兄からとは知らなかった私は要らないと断った。そのお金、どうなったかと後日、長兄に尋ねられた。この事をおばさんがずっと気にしていたから何十年後の今頃訪れてくれたのか、ハテナと思った? 2009.06.04記入: 然し小母さんは「精神を集中して祈る」方法で霊界の扉は開かれることを示唆してくれたのだ。これは私にとってはきわめて大きな事件と成った。もっとも会話をした訳ではないから独りよがりかもしれない


東京物語とは、15日あさ4:00聞いて思い出していた昔の映画である
。笠智衆、東山千栄子、杉村春子 原節子が映画にでていたが(当時一流ピアニストが原千恵子)、「この心の時代」は医師の岡田祐三?先生がスエーデンなど視察して、独り身の老人は我が子の家族に世話になる事を日本では希望するが、この東京物語で表現されたように中々うまく行かない。戦死した次男の嫁の原節子が仕事を休んで世話を続け、最後に笠智衆に何かアドバイズした。その言葉は思い出せないが外国では郷里において独身老人の世話をする建物、設備が実際に整備されている事を日本も学ぶべきという趣旨であった。つまり郷里と特別老人設備の充実と言う事にポイントがあり、小津安二郎監督を高く評価した話で、素敵な映画だという事であった。原さんの長男は、原章浩、私より若干年下。勉強ばかりする私を卓球遊びに誘われたことがあり、小母さんのさしがねだった!娘の名前は原節、私よりいくつか年長。

映画監督が選ぶベスト映画の第一位に小津安二郎の上記の「東京物語」が選ばれた。「権威ある映画雑誌:サイトアンドサウンド:の発表://産經新聞の産経抄、2012.08.04より。