『夜の学校』     文研出版より 2012年11月30日発売

 






   ある女性カメラマンの、不思議な
 写真を見ました。それは、女子校の
 クラス写真で、制服を着た四十人
 ほどの生徒と、担任の先生が写っ
 た、何の変哲もない写真でした。
  でも実はーーそれはカメラマン
 本人が髪型や表情を変えて、
 四十人分の被写体になりすまし、
 合成して出来上がった奇妙な
 集合写真だったのです。

  不良っぽい子もいれば、優等生
 もいて、大人びた子もいれば、
 幼い子もいる・・・。写真には、いろ
 いろな個性の少女が写っている
 のに、どれも同じ人だったなんて、と驚いたものです。
  人間って、同じ顔でも、表情や態度ひとつで、ぜんぜん違う性格に
 見えることがあるんだなぁ、と感心しました。
  だけど、よく考えれば、どの人の心の中にも、たくさんの“顔”が
 あり、状況や立場に応じて、それを使い分けているのが普通なので、
 奇妙だとは言い切れないかもしれません。
  この本の主人公は、自分そっくりなのに、性格が真逆な“もう一人の
 自分”と入れ替わり、とまどい、否定しながら、やがて自分やまわりの
 “隠していた本当の顔”に気づいて、“なりたい自分”を思い描ける
 までに成長していきます。
  主人公と共に、真夜中の学校生活を体験し、変わっていく様子を
 見守っていただけたら、嬉しいです。
  佐竹美保さんの絵も、光と影のコントラストが印象的で、夜の
 張り詰めた空気、昼のまばゆさを感じる挿絵を描いてくださって
 います。

  あらすじ
    クラスのリーダー的存在、加門蘭は、中学受験を控え、
   焦りと苛立ちの日々。 親友だった少女を、軽い気持ちで
   イジメていました。
    ある日、塾へ行くバスを乗り越し、幼い頃に遊んだ公園へと
   やって来て、野原のまん中に不思議な灯台を見つけます。
    その灯台の光をあびた瞬間から、蘭の世界は逆転し、 
   町は夜に動き出し、蘭はイジメられっ子になっていて・・・。
                    (続きは、ぜひ本で)

 トップページへもどる