いやー!終わっちゃいましたね、ホモ卓球部!

 約一年半続いたノンケ&卓球未経験者による作者の魂の一作、みなさんはどう思われましたか?

 まぁ、聞いといても大して聞かないんですけど。もうね、自分で書いといてなんだけど大会編長すぎ!w

 途中で何度、観客席から迫真空手部が降りてきて全員○されエンドにしようと思ったかわかんないです。特に話の構成上どうしても先が見えてしまう展開があってこれを自分で分かってて書くのが結構精神的に好ましくなかったです。

 本当は決勝戦の矢中林檎戦が終わった時点でマルチエンドを想像させる終わり方にしようと思っていたのですが、ここまで書いたのだから最後までやることにしました。

 つーか『ぼくたちはどこまでも行ける。そしてその先を一緒に見よう』というテーマで登場人物の名前をクルマのメーカーで統一しようと思ったのですが、団体戦になりキャラが増えてこれを諦めるという作者の低脳ぶり。

 下請けの部品メーカーの名前をつけるとか色々やりようがあったと思うんですが某ホモバレー漫画のようにあまりにもくどくなっちまうので自分の中で断念した部分はあります。ホントやで!?

 まぁ当初はモリアと田中の馴れ初めというか、彼等の1年編も実は書いてて田中はどうして選手だったのにマネージャーになったのかとか色々書いてはいたのですがどう書いても暗い話にしかならなくて、しかも話の本筋と大きくズレてしまうので長文を泣く泣くカットしました。ふぇ〜ん(泣)。まぁ登場人物の年齢が皆若いので続けようと思えばどこまでも続けられる話なのですが読者が付いてこれなさそうなのでキリのよいここでホモ卓球部、完ケツとさせていただきます!途中感想を書いてくれた先生方、最後までお突き合い頂いた読者の皆様にこの場を借りてお礼とさせていただきます。

 最後にこの一年半、常に自分の生活にこの作品がありました。ホモ卓球部が終わった今、自分は何をすべきか。話を最後まで貫徹した満足感と引き換えに大きな喪失が胸の中にポッカリと空いたままの日々を過ごしています。

 それでもボクは底から起き上がり新しいことをまた何か始めるでしょう。うわなにこれくっさ、自分で書いててもキツイわw

 次回作、新都社でやるか他でやるか分かりませんが何か動きがあり次第ツイッターで報告します(@majikayomajide)。

 ちなみにボクはFAの貰い方が分からないし、誰も教えてくれないので、読んだ感想、もといFA、イラストのその類はツイッターのボクのアカウントに直接リプして頂けるとありがたいです。

 ガンガン宣伝しますんで!新都者のフォロワーいっぱいいる作家さんとかが!その他商業化、アンソロ作品へのお誘い、お手つきでない若い女性ファンの紹介、宗教への勧誘ありましたらボクのツイッターまで連絡ください。

それではここまでお付き合い頂きましてありがとうございました!まじ吉先生の次回作にご期待ください!サンキュ。

 キャラ紹介のページ↓結構適当です。

部員トリセツ

 正月から8ヶ月ホームページ更新しないとか割と狂気の沙汰でしたね。リオ五輪で卓球がプチブームになる前に終われて本当に良かったです。

 年初めから事務系の仕事をやってるんですけど、結構キチゲがたまる仕事でして8キロ体重増えました。ヤバイ!デブい!

 まぁ、ダイエットしつつ新作のアイデアをひねり出して行きたいと思ってます。う〜ん、ちょっと時間かかりそうかな?

 それではまた。本当の終わり。