めだかと水草
Home

メダカは、日本でいちばん小さな淡水魚
北海道をのぞく日本の各地に生息しています

 冬眠から覚めた白メダカ  
  水草の師匠 aandaさんに頂いた
 大賀ハス・ヘラオモダカ・アサザ
それと通販で買った
 ヒツジグサこれからどんな花が咲くかたのしみです。

 メダカは黒メダカ・白メダカ・青メダカ

 ヘラオモダカが咲き出しました。

ヘラオモダカ

アサザ
咲きましたよ。^_^v
(シャッターチャンスに大苦戦)
ホテイアオイ アサザ 大賀ハス

チャレンジしてみよう    
 メダカの赤ちゃんを孵化させよう。
  
  私のやり方を紹介します。
  まずは、ホームセンターなどでシュロ縄を購入します。
  細めのでいいです。
  シュロ縄の両隅をハリガネで縛ります。
  サビないハリガネがいいです。
  シュロ縄を真中で切断します。
  これを、メダカのいる水槽の数の3倍、用意します。
      (水槽が2個なら、シュロ縄6本用意)
  バケツに水を張り二週間ほど置き、アク抜きをします。
  水が茶色くなります。
  稚魚用の水槽も用意しておきます。

      (親メダカが稚魚を食べてしまうから)
  後は、水槽の隅に沈めて置きます。
  2週間ほどしたら引き上げて、稚魚用の水槽に移し
  ます。
  2本目のシュロ縄を入れます。
  シュロ縄を入れて早ければ1週間もすれば稚魚が
  見れます。
  2週間したら、2本目のシュロ縄を隣に入れて3本目の
  シュロ縄を水槽に入れます。

  
  2週間後、3本目のシュロ縄を稚魚用水槽に入れ、
  1本目のシュロ縄を水槽に入れます。

  このローテーションでいけばたくさんのメダカの稚魚
  が取れます。

  がんばってね
黒メダカ 青メダカ 白メダカ


地元小学校の校外学習の場「メダカ池」です。
14年度・15年度2年を掛けてお父さん・お母さん・PTAならびに地域の方々と一緒に修理した木道です。
    

Home PageTop