不動産登記/商業登記 等 

大分の司法書士が大分全域及びその近郊で対応しております
県外にお住まいの方もお気軽にご相談ください
不動産登記

 マイホームを購入する、住宅ローンを組む、住宅ローンを他の金融機関で借り換えをする、住宅ローンを完済した、不動産を売却・贈与する、離婚による財産分与としてマイホームを妻(夫)名義にする、などの際にはそれぞれ管轄の法務局へ登記の申請が必要です。
 不動産登記につきましては、不動産会社や金融機関から司法書士を紹介されることが多いのですが、ご自分で司法書士を選ぶこともできます。手続にかかる実費はどの司法書士に依頼してもほぼ同じだと思いますが、報酬額は司法書士によって金額が変わりますので、気になられた場合にはご相談ください。

*(根)抵当権の設定・抹消、住宅ローンの借り換えの登記費用は こちら
*売買、贈与、離婚による財産分与による不動産の名義変更登記の費用は こちら


商業登記(会社の登記) 

 会社の役員を変更する、資本金を増加・減少する、会社を清算する、などの際にはそれぞれ管轄の法務局へ登記の申請が必要です。
 会社の役員の変更等は、うっかり忘れてしまいがちですが、登記が遅れますと会社代表者に過料という反則金のようなものが科されてしまう可能性がありますのでご注意ください。


遺言作成のサポート 

 不動産の名義人が遺言をせずに亡くなった場合、その不動産は通常は相続人全員の協議により、相続人のうちのどなたかの名義になります。しかし、相続人の間で争いが生じたり、相続人の中に未成年者や行方不明者がいたり、思わぬ相続人(例えばいわゆる隠し子等)が現れたりして、名義の変更に大変な時間と労力とお金がかかってしまったりすることがあります。また、ご自分の愛着ある不動産の次の所有者をご自分で決めておきたいと思われる方も多いのではないでしょうか。
 そこで、生前に「不動産を○○に相続させる」という内容の遺言を法的に問題のない状態で残しておくことが重要になります。それだけで上記のような問題を回避できるのです。
 遺言は亡くなった時のためのものということで、そんなことは不吉だ、縁起でもない、と思われがちですが、人間は皆必ず終わりを迎えますし、当然遺言は生きているうちにしかできません。遺言さえあったらこんなに大変なことにならなかったのに・・・というケースはあります。
 ご自分のためにも、そして残される方々のためにも、遺言を作成しておくことをお勧めします。

各手続の費用は受任前にお見積もりをださせていただきます。それを踏まえて依頼をするか否かを決めていただいて大丈夫ですので、お気軽にご相談ください。





住 所  大分県速見郡日出町3456−1 日出アベニュー203
「堀」交差点から国道213号線を杵築・空港方面へ進み、ローソンさんを超えて約100m進んで左手にあるコンクリート建物
JR日豊本線「暘谷」駅から徒歩約10分
詳しい地図はこちら  
駐車場  有
電 話 0977−72−7588 
070−5653−8224 (ソフトバンク)
メール tachino@xvb.biglobe.ne.jp
営業時間 平日 9:00〜18:00
※事前予約により時間外や土日祝日の対応も可能ですので、ご確認ください。
対応地域  大分県全域(訪問可能です) 
速見郡日出町・杵築市・国東市・別府市・豊後高田市・宇佐市・中津市・日田市・由布市・大分市・臼杵市・津久見市・竹田市・豊後大野市・佐伯市・玖珠郡玖珠町・玖珠郡九重町*その他地域でも可能な場合がございますので、お気軽にお問い合わせください。