この度は大分県にて合同会社設立の登記をお考えだと思いますが、司法書士はお客様の代理人として法務局へ登記申請できる限られた資格者です(※)。ですので、
お客様は自ら法務局へ出向く必要はなく、法務局とのやりとりもございませんので、手間は最小限ですみます。。
 当事務所では必ず受任の際に司法書士本人が面談いたしますので、依頼先の顔を見て依頼できます(訪問可能です)。
 これから新たに会社を始めようという多忙な時期ですので、会社設立登記に関しましては専門家である司法書士にお任せいただき、他のことに貴重な時間と労力をお使いくださればと思います。

※ 会社設立登記の申請代理の資格があるのは、司法書士と弁護士のみです。詳しくはこちら




 何か事業を始めたいという時、わざわざ会社をつくらなくても、個人事業主として事業を始めることができます。ではなぜ会社をつくることになるのでしょうか?会社設立登記をご依頼いただくお客様で多いのは、個人事業をされていて、取引先から、個人とでは契約ができないので法人(会社)化して欲しいと言われた、というケースです。新規の取引先が大手企業でしたり、取引の規模が大きくなったとき等にこのような要望があるようです。また、個人事業主として利益が大きくなってきますと、会社をつくることがいわゆる節税になるケースもありますので、節税目的での会社設立というケースもあります。その他、許認可等が法人(会社)でなければとれないケースや、既に会社を経営されている方が新規事業を別会社で行う為に新たに会社をつくるケース、複数人で事業を始めようというときに権利関係等を明確にしておくために会社をつくるケースもあります。

 



 合同会社を誕生させるためには、合同会社を設立するという内容の登記申請を管轄法務局へ行う必要があります。その準備として、登記申請書の作成、定款の作成、添付書類の収集等の作業を行うことになります。また、会社の実印登録も同時に必要となります。会社設立登記が完了しますと、会社の登記簿謄本(登記事項証明書)や印鑑証明書を法務局にて発行できるようになりますので、会社名義の銀行口座を作ったり、会社名義で許認可申請したり、会社名義で契約締結したりすることが可能となります。

 




 合同会社と株式会社の違いはいろいろとあるのですが、設立にあたって検討しておく点は次のようなことです。
 まず、メリットとしましては、設立時に定款認証が不要で、さらに法務局へ納める登録免許税も株式会社より低額ですので、設立費用が少なくて済むことがあります。また、毎年の決算公告が不要だったり、役員の任期管理も不要ですので、維持コストが少なくて済みます。
 一方、デメリットですが、合同会社は株式会社と比べて知名度が低いので、信頼性という点では劣る可能性があります。取引先からの評価や、市場での評価に影響があるかもしれません。また、合同会社の社長は、正式には「代表社員」と呼ばれ、株式会社のように「代表取締役」とは呼ばれません。名刺等での地位の表記も「代表社員」となります。
 結局、合同会社のほうが株式会社より設立費用や維持費が安く済みますが、合同会社によってお客様の目的が果たせるのかどうかがポイントとなります。例えば、取引先から法人化を求められたが、会社の種類は何でもよいということであれば、合同会社でも問題ないでしょう。また、節税目的だけの会社設立であれば、合同会社でも株式会社でも税金面で差はありませんので、合同会社で十分役割を果たすと思われます。
 実際に合同会社を作られたケースとしましては、ご自分の所有する収益不動産を管理することがメインの会社で、対外的な活動は特にないということで合同会社を選ばれたケースがありました。

 




 当事務所では総額15万円で合同会社設立登記申請を完全代行させていただきます。総額ですので、報酬はもちろん、法務局に納める税金、郵送費等の実費全てを含んでおります。
 当事務所では、合同会社設立の際に必要となる定款の作成を、電子定款とすることにより、書面により定款を作成する場合に必要となる印紙代4万円を支払わなくてすみます。電子定款を作成するためにはそれなりの準備が必要となります。お客様がご自分で手続される場合、たった1回の定款作成のために電子定款作成の準備をすることは少ないと思いますので、書面により作成することとなり、印紙代4万円がかかります。
 次に、参考としまして、ご自分で合同会社設立登記をされた場合(書面で定款作成)と当事務所へ依頼いただいた場合の費用比較の表を掲載しております。

<参考> ご自分で設立登記を行う場合(書面で定款作成)との費用比較 
 費用項目  ご自分で会社設立  当事務所に依頼
 定款印紙代 40,000 円 不要
 法務局へ納める税金(登録免許税) 60,000 円 60,000 円
 会社の登記事項証明書の発行(2通) 1200 円  1200 円
 会社の印鑑証明書の発行(1通) 450 円  450 円
 法務局への交通費・郵送費  必要 @ 不要
 自分の時間や労力(お金に換算)   必要 A 不要
 司法書士報酬  不要 必要
 手続にかかる総額 101,650円
+ 上記@A
 150,000 円

法務局へ納める税金は、設立する会社の資本金が850万円以上の場合には増えることがあります。詳細はこちら
登記事項証明書と印鑑証明書の金額は法務局窓口にて書面請求した場合の金額です。詳細はこちら 
お客様にて収集いただきます発起人又は役員になられる方の個人の印鑑証明書の発行手数料と、手続費用をお振込でいただく場合の振込手数料につきましては総額15万円に含まれておりません。

 



 ご依頼を受けてから会社設立登記の完了までにかかる日数の目安は通常2〜3週間です。
 お急ぎの場合にはご相談ください。法務局の混み具合によりますが、短縮できることがあります。

 





ご依頼のお電話いただきましたら、ご面談させていただき、ご希望の内容をお聞きします。また、ご不明な点等をご説明させていただきます。訪問も可能です。

こちらにて、お聞きした内容で必要書類を準備し、でき次第郵送等によりお客様のもとへお届けします。

お送りしました書類に押印いただきます。また、お客様にて資本金の入金と印鑑証明書の取得をしていただきます。


ご準備いただいた書類を返送していただきます。
また、この頃までに手続費用をご入金いただきます。

こちらにて書類作成を行い、法務局への登記申請をいたします。

登記完了後、お客様へ登記完了書類一式(※)及び会社実印をお渡し致します。

(※)設立した会社の登記事項証明書(謄本)は2通、印鑑証明書は1通ございます。

 




平日の9:00〜18:00に電話するのが難しいのですが
それ以外の時間(21:00くらいまで)や土日祝日でも電話対応できることもありますので、お気軽にお電話いただけましたらと思います。不在の場合には申し訳ございませんが日時を改めてお願いします。
また、メールでのご連絡も可能ですので、よろしくお願いします。

そちらへ行く時間がないのですが、訪問してもらえますか?
はい、大分県内でしたら訪問可能です。平日の夜や土日祝日も事前予約により対応致しますのでお問い合わせください。

会社設立を急ぎたいのですが、最短でどのくらいでできますか? 急いで手続をしてもらう場合、費用は割増になりますか? 
受任後1週間前後で完了したケースもあります
但し、法務局の混み具合や、お客様にご準備いただく印鑑証明書や資本金の準備状況にもよりますので、お約束はできません。当事務所がご協力できる部分は最善を尽くします。その場合、費用の割増はございません。

お願いした場合、依頼者側でしなければならないことは具体的には何ですか?
お客様にしていただくことは下記のとおりです。
・ 役員になる方の印鑑証明書の取得
・ 資本金の入金(金融機関のATMでできます)
・ こちらで作成した書類への押印と返送
・ 手続費用の振込(費用をお振込でいただく場合)

合同会社の資本金は本当に1円でもできるのですか? 
できます。
最低資本金の定めはございませんので、1円〜可能です。
理想の資本金の額は、設立する合同会社によって変わってきます。業種によっては、資本金の額がいくら以上でなければ許認可がおりないということもありますので注意が必要です。
また、会社の資本金の額は登記事項証明書(いわゆる登記簿謄本。会社の住民票のようなものです)に記載され、法務局で誰でも手数料を払って取得できます。よって、取引や融資の際には、資本金の額がその会社の信頼度を判断する重要な基準の一つになり、結果に影響を及ぼす可能性があります。さらに、資本金が少ないことでその会社は債務超過の状態になりやすく、そのような会社への融資はされにくいということもあります。
資本金1円の合同会社を設立すること自体は可能ですが、設立した後にうまくやっていけるのは、取引先、資金調達、対外的信用等に気を遣わなくてよい会社に限られるでしょう。

合同会社では公証人による定款の認証が不要なので、定款を作らなくても会社が作れますか?
合同会社であっても、定款は作成しなければなりません。そして書面で定款を作成する場合には収入印紙40,000円の貼付が必要ですのでご注意ください。登記申請用の定款には印紙の貼付は不要ですので、登記に影響するという訳ではありませんが、会社保管用の原始定款には法律上貼付が必要です。但し、電子定款を作成した場合には印紙は不要です。
 当事務所では、合同会社の定款も電子定款で作成しますので、収入印紙40,000円の貼付が不要となります。

 





住 所  大分県速見郡日出町3456−1 日出アベニュー 203
「堀」交差点から国道213号線を杵築・空港方面へ進み、ローソンさんを超えて約100m進んで左手にあるコンクリート建物
JR日豊本線「暘谷」駅から徒歩約10分
詳しい地図はこちら  
駐車場  有
電 話 0977−72−7588 
070−5653−8224 (ソフトバンク)
メール tachino@xvb.biglobe.ne.jp
営業時間 平日 9:00〜18:00 
 ※事前予約により時間外や土日祝日の対応も可能ですので、ご確認ください。
対応地域  大分県全域(訪問可能です) 
速見郡日出町・杵築市・国東市・別府市・豊後高田市・宇佐市・中津市・日田市・由布市・大分市・臼杵市・津久見市・竹田市・豊後大野市・佐伯市・玖珠郡玖珠町・玖珠郡九重町*その他地域でも可能な場合がございますので、お気軽にお問い合わせください。