もし内職商法に引っ掛かってしまったら

もし内職商法に引っ掛かってしまったら

なるべく早く国民生活センターに相談する

もし勘違いして契約してしまった場合は、1日も早く最寄りの「国民生活センター」に相談しましょう。

実は、わたしが契約してしまったような勧誘方法は法律で規制されているのです。

わたしは知識がなくて気が付きませんでしたが、「仕事を提供すると勧誘し商品等を販売する取引」は、特定商取引に関する法律(以下、特定商取引法)の「業務提供誘引販売取引」として2001年6月1日から規制されていることが分かりました。

国民生活センターのホームページ

国民生活センターのホームページによると、このような手口による被害相談は年間1万件以上もあるそうなので、もはや誰もが騙せされてもおかしくない状況にあると思います。

一度引っ掛かってしまうと、下記の相談例のようにお金を取り戻すことは容易ではありません。ですから、契約してからなるべく日が浅いうちに行動を起こした方が得策です。

その他の関係機関リンク

厚労省 在宅ワークの適正な実施のために

在宅ワークの適正な実施のためのガイドラインPDF

在宅ワークに関する総合支援サイト


主婦が自宅でできる仕事総まとめ

Page top icon