電話帳を利用する

ここでは、わたしが実際に試してみた電話帳の利用方法をご紹介します。ただ、わたしが電話帳を利用したのには理由があります。

それはわたしが他の在宅ワーカーさん達と組んでチームで仕事をするようになったからです。たくさんの仕事が必要になったので、それならば一度オフラインで仕事を開拓してみようと思ったからに他なりません。

やってみると分かりますが、意外とネット上の案件よりも良い条件の仕事が見つかったりしました。自分一人でやる分には必要ありませんが、チームが大きくなった頃に時間的余裕があれば電話帳での開拓にチャレンジしてみるのも面白いですよ。

印刷会社

データ入力とはいったいどういうところで必要とされるのかを考えてみると、どうやら印刷屋さんの周辺にはそういった必要性があるのではないかということは誰でも容易に想像出来ると思います。

出版関連や講演などのテープ起こしの需要もあります。

そこで黄色いタウンページで「印刷サービス」欄に載っている会社やお店に電話をしてみました。ちなみに相手を選ぶ際にはなるべく有名ではない会社を選んだほうがいいです。

わたし達のような主婦でも名前を知っているような会社はとても大きかったりしますので、有名ではない地元の小さな印刷会社のほうが話が通りやすいです。

意外だったのは、「印刷サービス」にはハンコ屋さんが多いことです。ハンコ屋さんでも印刷を営業種目に入れているところが多いことが分かりました。

実はハンコ屋さんからも結構受注できたんですよね。小さい仕事ばかりですが、これも予想外でした。


写真館

えっ?写真館??と思われるかもしれませんが、意外とあるところにはあるものです。

実は「卒業アルバム」を請け負っている写真屋さんがあるんですね。さすがに年中というわけにはいきませんが、時期的に集中するので住所録などの入力でてんてこ舞いになります。


イベント会社

アンケートの集計作業で入力業務が頻繁に発生します。また、イベントには大量の印刷物が必要なのですが、それらに掲載する文字情報は印刷会社に外注するよりもSOHOに委託したほうが安く上がるんですね。


>> 契約の仕方