Excel2007以降用アドイン名:

曲線回帰分析アドイン (CurveFitSS10.xlam) Ver.2.0

作成者:早狩 進

 


機能:

  このアドインは、Excel2007以降で各種関数による曲線回帰分析を行うことができる。 結果を共通な表にして示すだけでなく、折れ線グラフと散布図で示すことができるため、そのままプレゼンテーションに用いることもできるという特徴を持っている。 一つのダイアログで、10個の関数を選べるだけでなく、オプションを設定することによって、切片の有無や多項式の次数や同じ関数名でも少し異なる式のあるものまで選べるので、約18種類の式に対応している。 それぞれに対応した初期値も既定値が示されるが、解析可能な範囲で変更することもできる。 関数の解析には2つの方法から選べるので、ヘルプを参照しながら、選んで欲しい。 一つのデータでいろんな回帰式に当てはめてみて、p値等を参考に最適な式を探して欲しい。 そいいう試行錯誤がソフトを再立ち上げすることなく、簡単に繰り返せるのがこのアドインの特徴である。
  アドインは、Excel2007〜2010で動作確認済みである。


条件設定ダイアログ(基本設定) 

選択できる関数の全体像

 


曲線回帰分析のテストデータ例

(淡水色の部分があらかじめアドイン立ち上げ前に指定しておく範囲)

 

曲線回帰分析の解析例
(回帰係数の収束値や、分散分析表、実測値と予測との残差をグラフで示す)

 


曲線回帰分析のその他の解析例
(データと予測式と散布図のみ表示)
 



バージョン情報:

Ver.1.0 : 2013/03/16

Ver.2.0 : 2014/03/14 (Excel2007以降版として完成)


メインページへ