生産者のこだわり

階層ナビゲーション

長谷川自然牧場のはじまり

もともと私たちは葉タバコ農家でした。
しかし夫の農薬中毒がきっかけとなり、農薬の恐ろしさ・食の安全性に気付き、牧場を開設したのは20年ほど前のこと。

自由に動き回る元気な鶏たち

まず100羽から放し飼いで鶏の飼育を始めました。
消費者にも安全な食べ物を提供するために、エサは発酵飼料などを使った自家配合で薬剤は一切使用していません。

また、放し飼いのため、鶏たちはそのあたりを自由にかけまわったり、草や虫を自由に食べたりとストレスの少ない生活を送っています。そんなわけでコクのある味の良い有精卵ができるのです。

それから5年ほどすると、卵の評判が良くなり数が不足し鶏を増羽しました。
それに伴い、鶏に与える牧草も足りなくなって、それに必要な堆肥も足りなくなりました。そこで堆肥を得るために豚を始めたのです。

私たちのこだわり

長谷川自然豚

鶏同様、豚もできる限り安全なものを提供することを心がけてます。

一般的な濃厚飼料を使わず、残飯や野菜を発酵させて独自に作った自家配合の飼料で通常より4か月も長く、じっくりと育てられています。
化学飼料を使えば1、2時間で済む作業を、周りにあるものを使い、10人で1日がかりで飼料をこしらえます。豚の太りに時間はかかりますが、時間をかけて育てることで、昔の豚肉のような味がします。
特に脂に甘味がある、自慢の味です。

これからも消費者の皆さんに喜ばれるものをお届けしたいと考えています

こうして手間暇かけて育てているのですが、
お客さんの「おいしかったよ」「アトピーの子が長谷川さんの牧場の卵と肉食べたよ」
なんて聞くとやってて良かったと思います。

これからも消費者の皆さんに喜ばれるものをお届けしたいと考えています。

長谷川自慢の取扱い商品