はりま会 会則


第1章   総  則


第1条(名   称)
      本会は、兵庫県立播磨特別支援学校(旧称:播磨養護学校)同窓会「はりま会」と称す。

第2条(目   的)
      本会は、会員相互の親睦を図り、社会復帰に資し、社会の進歩発展に貢献するとともに、母校の発展に寄
     与することを目的とする。

第3条(会   員) 本会は、次の会員を以て組織する。
 (正会員)
     1. 兵庫県立播磨特別支援学校(旧称:播磨養護学校)高等部卒業生
     2. 兵庫県立播磨特別支援学校(旧称:播磨養護学校)中等部卒業生
     3. かつて兵庫県立播磨特別支援学校(旧称:播磨養護学校)在籍せしもので、入会を希望し、理事会の承認
      を得たる者。
 (特別会員)
     1. 兵庫県立播磨特別支援学校(旧称:播磨養護学校)職員及び旧職員
     2. 兵庫県立播磨特別支援学校(旧称:播磨養護学校)同窓会正会員の父母で入会を希望し、理事会の承認
       を得たる者。

第4条(本部並びに事務所)
     1.  本会の本部を会長自宅に置く。(住所等は省略)
     2.  事務所は、兵庫県立播磨特別支援学校内におく。


第2章   役  員


第5条(役 員) 本会は次の役員をおく。
     会  長……1名,副会長……若干名,会  計……1名,会計監事……1名,理  事……若干名

第6条(役 員 選 任)
     会  長……総会において選任する。副 会 長……総会において選任する。会  計……総会において選任
             する。会計監事……総会において選任する。
     理  事…………@ 会長これを委嘱し、総会の承認を受ける。A 卒業年次ごとに1名加える。

第7条(役員の任務) 本会の役員の任務は、次の如くとする。
  2 会長は本会を代表する。
  3 副会長は会長を補佐し、その支障あるときはこれに代る。
  4 理事は会務の執行にあたる。
  5 会計は本会の会計事務にあたる。
  6 会計監事は年1回会計監査を行う。
  7 本会に顧問をおく。但し、顧問は本会の会長経験者とし、会長これを委嘱する。 顧問は重要事項につき会長の
   諮問に応ずる。

第8条(任 期)
    役員の任期は2年間とする。但し、再選を妨げない。補欠就任者の任期は前任者の残任期間とする。


第3章  会   議


第9条(会議の種類)
  1. 総 会:本会は毎年1回定期総会を開く。但し、必要に応じ理事会の承認を経て臨時総会を開くことができる。
  2.改 則:本会会則の変更は総会の決議による。

第10条(事  業)
  理事会 :毎年度の事業計画を立案し、総会の承認を経て執行にあたる。

第11条(会計年度)
  本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。毎年度の予算決算は総会で報告して承認を受
 ける。

第12条(経  費)
      本会の経費は入会金及び寄附金を以てこれに充てる。

第13条(会  費)
      入会金は4,000円とする。


付  則
      1. 本会の運営については別に細則を設けることができる。
      2. 本会則は昭和45年3月1日より実施する。
      3. 第13条(会費)改定歴
        @昭和60年度総会(60-11-03)において改定(高等部卒業生:1,000円→3,000円、中等部卒業生:500円
         →1,500円)
        A平成 5年度総会(H5-11-14)において改定(高等部卒業生:3,000円→4,000円、中等部卒業生:1,500円
         →2,000円)
       4.学校名の改称に伴い(兵庫県立播磨養護学校→兵庫県立播磨特別支援学校)会の名称を 平19年度総会
       (H19-11-17)において「はりま会」とする議案に過半数の承認を経て改定した。
      5. 役員の公務の交通費について下記が承認された。(平成22年度総会:H22-11-13)
         役員の公務の交通費については下記として会計に請求出来る。
          *理事会に出席した役員には一律2,000円を支給する。
          *母校の各種会議、各行事に招かれた会場まで交通費は交通機関利用の場合は実費、自家用車利
           用の場合は燃費10`として支給する。(実走行距離÷10×燃料時価)
      6. 平成23年度総会(H23-11-12)において次の通り会則の改定並び細則の制定及びに各種の取扱を改正
        並びに設ける。
       @会則改定:母校中学部の廃部により会則の次の個所を削除。
          第13条(会費)入会金は 高等部卒業生: 4,000円 以降は全て削除。
       A細則の制定:会員と母校の文化及びスポーツの振興を図るため、次の細則を設ける。
            「はりま会」 文化・スポーツ奨励要綱」
       B各種の取扱
           ・弔意に関する規則
             正会員(第3条1号、2号、3号)が死亡したときは、弔電に添え弔慰金10,OOO円を贈る。また、役員
              (会長、副会長、会計、会計監事、理事)の父母が死亡したときは、弔電をもって弔意を表す。
             但し、いずれも本会が把握したものに限る。
           ・役員の公務の交通費について下記を改定。
             理事会に出席した役員には一律2,000円→ 一律3,000円を支給する。
      7. 平成25年度総会(H25-11-02)において次の通り会則の改定。
       @第3条(会員)の(特別会員)
           2. 略〜同窓会正会員の父母「で入会を希望し、理事会の承認を得たる者。」を追記。
       A第4条(「本部並びに」を追記)
          1.  本会の本部を会長自宅に置く。(住所等は省略)を追記。
       B第5条(役 員)
          副会長……2名→若干名とした。
       C第7条(役員の任務)
          7 本会に顧問をおく。但し、学校長及び会員の推薦する者→「顧問は本会の会長経験者」とした。
      8. 平成26年度総会(H26-10-04)において次の通り会則の改定。
       第6条(役員選任)会  計…理事の互選により、卒業生より1名あてる→総会において選任する。 とした。





          「はりま会」 文化・スポーツ奨励要綱

第1条(趣  旨)

  この規則は、兵庫県立播磨特別支援学校(旧称:播磨養護学校)同窓会「はりま会」(以下、「会」

 と言う)の会則第2条(目的)にそい、会員と母校の文化及びスポーツの振興を図るため、全国大会

等に出場する個人又は団体(以下、出場者)に対する奨励をするものとし、それに必要な事項を定め

るものとする。

 

第2条(対 象)

    対象となる出場者は、兵庫県立播磨特別支援学校(旧称:播磨養護学校)高等部卒業生・中等部卒

業生および在校生で次の各号のいずれかに該当するものとする。

1. 公的機関又は公共的団体等が主催する全国的なコンクール等に出場するもの、又は展覧会等に

      おいて優秀な成績を収めたもの。

2.  国民体育大会又はスポーツにおける国際大会若しくは全国大会(予選会、選考会等の選抜手続

  を経たものに限る。)に出場するもの。

3. 前号に掲げるもののほか、兵庫県教育委員会(以下「教育委員会」という。)が、適当と認める

もの

 

第3条(助成金)

    1. 前条の大会に出場する為の交通費・滞在費に一人当たり1万円を限度として支給する。但し主

催団体より提供が有る場合を除く。

2. 前条2号に出場する団体が母校の名称を明示したユニホームなどの製作する場合に限り、4万

円を限度として支給する。

3. 前条1号並びに前条2号の大会に出場する出場者が母校の名称を明示した横断幕・垂れ幕の

製作費に5万円を限度として支給する。

 

第4条(助成金の交付申請)

    奨励金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、「はりま会 文化・スポーツ奨励

助成金交付申請書」を会の会長に提出しなければならない。

 

第5条(交付の決定)

     会は、前条に規定する申請があったときは、当該申請の内容を審査し、助成金を交付すべきもの

と決定したときは、「はりま会 文化・スポーツ奨励助成金交付決定通知書」により申請者にその

旨を通知するものとする。

 

第6条(決定の取消し及び助成金の返還)

     会は、虚偽の申請により奨励金を受けようとしたとき、又は受けたときは、奨励金の交付決定を

取り消し、及び奨励金の返還を命ずることができる。

 

第7条(その他)

     1. この告示に定めるもののほか、助成金の交付に関し必要な事項は、会が定める。

     2. 出場者の内、兵庫県立播磨特別支援学校(旧称:播磨養護学校)高等部卒業生・中等部卒業

生で主催団体より窓口業務(所属等の事項)を求められた場合、会の会長の判断で実施する。

 

附 則

この告示は、平成23年11月12日から施行する。


戻る
戻る