2018、2、17(土)
 
「あの頃は感謝やったけど、この頃はしあわせを感じる……」
 こんな言葉をつい言っていました。夫がなくなってから、仕事をかね、よく帰ってくれる息子にです。昨日、ほろっともらした言葉です。
 ただただ夢中で「自分らしさをたてもどす」のに必死だった1年あまり……、多くの人たちの支えを受け、「ありがとう」ばかりの日々だった気がします。ふと今気がつきました。
「私は何と幸せ者なのだろう」
 
 ピョンチャンオリンピックでの羽生選手、すばらしい美しい滑りで、日本中、いや世界中を感動させてくれました! その後、彼の感謝の言葉をきいて、「ああ、わかるう」と痛く納得し、彼はどんなに今幸せを感じていることだろうと思いました。そして、
「あれまあ!」
 なにも見せるものの無い自分と引き合わせていることに、ひとりにんまり苦笑いしたことです。 



2018、2、3(土)
 
あしたは立春です。某箇所の原稿にこんな文章を入れました。

 二月には梅や椿や福寿草そして雪割草やふきのとうといったやさしい花々が咲き始めます。野原や公園や家の垣根ごしにふと見つけた時はなんともうれしい気持ちです。暦の上でははや「立春」。厳しい寒さもほどなく終わります。昔の人たちも雪の中につつましく咲く早春の花々を見て、心を弾ませ、春を想ったことでしょう。今を生きる私たちも元気に明るい春にむかって歩みたいものです。

 そして、某箇所へ提出したプロフィールにこんな言葉を入れました。

 私自身が創作しなくなったら童話指導の役は引き受けられないのだと、自分に言いきかせています。
                  
                      雪割草


 
2018、1、23(火) 
 今年も日本児童文芸家協会「キッズブックらいぶ」が開かれます。
 出演者の方々は自作の人形劇や絵本や紙芝居を読み、語り、歌い、演じてくださいます。
 「キッズブックらいぶin姫路」
 クリックしますと、児文芸のホームページのお知らせが開き、プログラムの内容や出演者プロフィールが現れます。毎回すばらしい!
 わたくしも関わってきた者のひとりとして、すごく楽しみに出かけていきます。お近くの方、いえ、遠くから来られても! きっと喜んでいただけると思います。
 
     「キッズブックらいぶin姫路」
  2月11日(日)午後1:30~3:00 
  手柄山交流ステーション(姫路市立水族館)3階    
  出演者は、中住千春、川越文子、おおかわいこ、うちだちえ、
       井上林子、山中加織、石神誠
  大人子ども、みんな一緒に楽しい一時をもちましょう!



2018、1、17(水) 
 今日は神戸に住んでいる者、阪神淡路大震災を経験した者にとっては特別な日です。いつもこの時期がくるとソワソワ心が騒ぎ、何故かテレビをつけるのが億劫というか気がおもくなるというか……。とはいえ、少しずつ向き合うようになっていました。
 今年は何度となく防災絵本「地震がおきたら」をテレビやラジオや新聞でとりあげていただきました。
 今朝も「おはよう朝日」で扱ってくださり、見事にメッセージを伝えてくださっていました。私も、自助、公助、そして思いやりのある近所づきあいを大切にしたいと今更ながら思いました。放映してくださって、ありがとう! そして見てくださって、ありがとうございました。



2018、1、8(月) 
 最近大きな商業施設があちこちにできています。この正月、軽井沢のアウトレットに息子一家と出かけたのですが、そのスケールの大きさにびっくり、迷子にならないようにと緊張したほどです。

 神戸にも去年の暮れに新しく大きな商業施設、イオンモール神戸南がオープンしました。この14日(日)に、その中の喜久屋書店で「地震がおきたら」の読み聞かせとサイン会があります。絵本を買って頂くと、かなざわさんのかわいらしいサインと私の名前だけサインをさせていただくことになっています。
 詳しくはあちこちの新聞などの折り込みチラシにも載せて下さるそうですが……。
   
  「地震がおきたら」読み聞かせとサイン会

       イオンモール神戸南の2F「喜久屋書店」にて

 いろいろなお店を見て回るのも楽しいですし、当日は消防車と写真をとることもできます。ぜひお子様やお孫さまと一緒に遊びにきてください。




    2018年 元旦         
       初春のお慶びを申し上げます。   
     
 旧年中は多くの方々の支えをいただき、つつがなく過ごすことができました。誠に有り難うございました。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。