本文へスキップ

外国人法務サポートデスクは札幌で在留資格・ビザ申請を専門とする行政書士事務所です。

TEL. 011-768-8300

〒065-0024札幌市東区北24条東16丁目1-25
土手司法ビル304

 国際結婚をする場合には、日本人同士が結婚するのとは違い、様々な手順を踏まなければなりません。

 どうして、日本人同士の結婚みたいに簡単にできないのかというと(あくまで法律上の話です。)、それは、国籍の違う者同士が結婚する、つまり、結婚について定めている法律が違う者同士が結婚するからです。

 このような国際結婚の場合、その結婚が有効に成立するのかどうかを確認する必要がありますし、その後の手続きも確認しておく必要があります。

 このことは、同じ国籍の外国人が、日本で結婚する場合も同様です。
 本人同士は同じ法律でも、結婚する場所の法律が違っていますので、、その結婚がそこで有効に成立するのかどうかを確認する必要があります。

法的有効性の確認

法的有効性を確認する場合は、大きく分けて2つの確認をする必要があります。

  1. お互いがそれぞれ法律上、結婚できる資格があるのかどうかです。(婚姻の実質的成立要件)といいます。
  2. 法律上、有効な方法で結婚が行われたかどうかです。(婚姻の形式的成立要件)といいます。

 これらのことを確認した上でなければ、お互いの国で認められる結婚をすることはできません。
 では、これらのことはどちらの国の法律で確認すればよいのでしょうか。
 日本で国際結婚をする場合、どこの国の法律を適用するのかは「法の適用に関する通則法」という法律を調べる必要があります。
 この法律には、こういう場合にはどこの法律を適用してください、という指示が書いてあります。
 それによりますと、上記2つの確認事項は以下のようになります。

1.法律上、結婚できる資格があるのか?

「婚姻の成立は(実質的成立要件)、結婚する当事者のそれぞれの本国法による」(通則法24条1項)

 この条文により、法律上、結婚できる資格があるのかは、日本人は民法、外国人は本国法で確認することになります。

 結婚できる条件をお互いがクリアーしているのであれば問題ないのですが、例えば、民法では認められても相手の国では認められない(逆もあります)ことがあった場合は、結婚できません。

2.法律上、有効な方法で行われたのか?
「婚姻の方式は(形式的成立要件)、結婚した場所の法による」(通則法24条2項)
「婚姻の方式は(形式的成立要件)、どちらかの本国法の方法によっても有効」(通則法24条3項)
「日本で日本人と結婚した場合は、日本の方式でなければ成立しない」(通則法24条3項ただし書き)


条文上では、いろいろなパターンの方式を有効と定めていますが、日本で日本人と外国人が結婚した場合は、日本の方式(婚姻届を役場に提出)でなければ成立しません。

役所への届出

 日本人同士の場合、必要事項を記載した婚姻届を一枚、役場に提出すれば、それで法的に有効な結婚が成立します。
 それは、どちらも日本人なので、当事者の情報が戸籍に記載されており、上記の2つの確認事項が簡単にできるからです。

 ところが、一方が外国人の場合、婚姻届だけ提出されてもそこに記載されていることが本当なのかどうか確認のしようがありません。
 そのため、国際結婚の届出の場合は、婚姻届以外に、記載されている事項を証明するための添付書類を提出する必要があります。

1.日本で外国人と結婚した場合


 外国人の身分(実質的成立要件)を確認するために、外国人の本国の権限ある官憲が発行した
婚姻要件具備証明書が必要です。
 この婚姻要件具備証明書は、その外国人の在日大使館・領事館に申請します。
 発行してもらうのに必要な書類を集めなければなりません。

 また、国によっては婚姻要件具備証明書を発行しない場合があります。その場合はそれに代わるものでもかまいません。
 例えば、
宣誓書や婚姻証明書がその代わりとなります。
 婚姻要件具備証明書やそれに代わる書類のどちらも提出できない場合は、役場において一から調べなければなりませんので、以下のものを提出することになります。

@外国人の国籍を証明する書類(パスポート・国籍証明書など)

A本国の法律の写し(何から写してきたかを明示)

B本国の婚姻要件を満たしているかを証明する書類(権限ある官憲が発行した身分証明書・身分登録簿の写し・
 出生証明書など)


2.外国で相手の国の方式で結婚した場合


 日本にある戸籍に結婚の事実を記載しなければなりませんので、成立の日から3ヶ月以内に、権限ある官憲が発行した婚姻証書と日本の婚姻届を役場へ提出します。

 また、日本に戻らずそのまま外国で生活する場合は、婚姻証書と婚姻届を、その国の大使、公使または領事に提出します。
 なお、外国で結婚する場合、日本人の身分事項を相手国に証明しなければならないので、
日本人側の婚姻要件具備証明書を用意しなければなりません。

 必要書類についてはお問い合わせ下さい。

国際結婚手続きのサポートをします。

 初めにも書きましたが、国際結婚の場合は法律の違う国の者が結婚するということで様々な提出資料を用意する必要があります。
 また、用意する提出資料を取得するために必要な書類もあり、簡単には進みません。
 国際結婚をお考えの方や必要書類の準備等でお困りの方は、ご相談下さい。

 国際結婚をするには、クリアーしなければならないハードルがいくつもあり、思ったように進まない中で、お互いに感情がぶつかり合う場面もあると思います。
 しかし、これらは手続き上の問題ですから、書類が揃えば必ずゴールすることができます。
 お互い相手のことを思いやり、協力しながら進めていってください



バナースペース

外国人法務サポートデスク
(中山太行政書士事務所)

〒065-0024
札幌市東区北24条東16丁目1-25

土手司法ビル304

TEL 011-768-8300
FAX 011-768-7040
Mail gen-na@mtg.biglobe.ne.jp