本文へスキップ

外国人法務サポートデスクは札幌で在留資格・ビザ申請を専門とする行政書士事務所です。

TEL. 011-768-8300

〒065-0024札幌市東区北24条東16丁目1-25
土手司法ビル304

家族滞在Dependent


札幌外国人法務サポートデスクトップ>家族滞在

在留資格「家族滞在」とは

 在留資格「家族滞在」とは、以下の在留資格を持って在留する外国人が、本国にいる配偶者または子を日本に呼び寄せたい場合に与えられる在留資格です。

 在留資格=「教授」「芸術」「宗教」「報道」「投資・経営」「法律・会計業務」「医療」「研究」「教育」「技術」「人文知識・国際業務」「企業内転勤」「興行」「技能」「文化活動」「留学」

 配偶者は、法律上、有効な婚姻関係であり、その関係が真正のものでなければなりません。
 子は、実子だけではなく養子でもかまいません。

 ただし、配偶者も子も扶養を受けることが条件となります。

 なお、在留資格「家族滞在」は、原則として就労活動をすることは認められていません。
 ですので、アルバイト等の収入を伴う活動をする場合は、「資格外活動の許可」を受ける必要があります。

資格外活動許可とは

 ※在留資格「家族滞在」は、配偶者または子が対象であり、親を呼び寄せることはできません。

 また、他の在留資格を見ても親を対象とする在留資格は定められていませんので、原則として、親であることを原因として日本に滞在させることは難しいと思います。
 ただし、特別な事情がある場合は入国が認められる場合があります。

在留資格「特定活動」

在留資格「家族滞在」を申請する際に必要な要件

1.「入国拒否事由」に該当しないこと。

  1. 有効な旅券(パスポート)を所持しない者
  2. 入国審査官から上陸許可の証印または上陸許可を受けないで日本に上陸する目的を有する者


2.日本でのビジネスは安定・継続性があるかどうか。

3.家族の滞在生活費について、十分にあることを証明できる預金または給与等の資料があるかどうか。

4.子供の教育について考えているかどうか。

在留資格「家族滞在」の申請をサポートします。

 外国人在留資格認定証明書の申請書類・立証資料につきましては、基本となるもの以外に、対象となる外国人や招聘する日本の会社等により、いろいろな違いがあります。
 また、申請先の入国管理局より、追加資料の提出を要求されることもありますし、資料不足で不許可になる場合もあります。

 外国人法務サポートデスクでは、なるべくスムースに申請、在留資格認定証明書が取得できるようサポート致します
 外国人在留資格認定証明書の申請をお考えの方は、是非、お問い合わせ下さい。



バナースペース

外国人法務サポートデスク
(中山太行政書士事務所)

〒065-0024
札幌市東区北24条東16丁目1-25

土手司法ビル304

TEL 011-768-8300
FAX 011-768-7040
Mail gen-na@mtg.biglobe.ne.jp