本文へスキップ

外国人法務サポートデスクは札幌で在留資格・ビザ申請を専門とする行政書士事務所です。

TEL. 011-768-8300

〒065-0024札幌市東区北24条東16丁目1-25
土手司法ビル304

人文知識・国際業務Specialist in Humanities/International Services


札幌外国人法務サポートデスクトップ>人文知識・国際業務

在留資格「人文知識・国際業務」とは

 在留資格「人文知識・国際業務」とは、日本で文科系の分野(社会科学の分野も含む)に属する知識を必要とする業務に従事する活動、及び外国の文化に基盤を有する思考又は感受性を必要とする業務に従事する活動を行おうとする外国人が在留する場合に必要な在留資格です。

 取得のためには、経歴や待遇の面で一定の要件を満たす必要があります。

 ※外国の文化に基盤を有する思考又は感受性を必要とする業務とは?

 @外国人特有な文化に根ざす一般の日本人が有しない思考方法や感受性を必要とする業務を意味します。

 A外国人であるというだけでは認められない。

 Bその外国人の持っている思考又は感受性が、日本の文化の中では育まれないようなものであり

 Cかつ、それがなければできない業務。

在留資格「人文知識・国際業務」を申請する際の要件

1.従事しようとする業務について、次のいずれかに該当しなければなりません。

 @ 必要な科目を専攻して大学を卒業していること。
 A 必要な科目を専攻して大学卒と同等以上の教育を受けていること。
  ※専門学校を卒業し「専門士」の称号を付与されている外国人は、この要件を満たします。
 B 10年以上の実務経験を有していること。

  ※大学には、大学の専攻科、短期大学、大学院、付属の研究所等を含みます。
  ※大学と同等以上とは、高等専門学校の4年次及び5年次も含まれます。
  ※実務経験の中には、大学、高等専門学校、高等学校、中等教育学校の後記過程または専修学校の専門課程に
   おいて、従事しようとする業務に係わる科目を専攻した期間を含めることができます。

2.外国人特有の思考又は感受性を必要とする業務(通訳・翻訳、語学の指導、広報、宣伝、海外取引業務、服飾
  並びに室内装飾に係るデザイン、商品開発等)に従事する場合は、その業務について3年以上の実務経験が必要。
  ※大学を卒業したものが、通訳、翻訳、語学の指導に係る業務に従事する場合は、実務経験は必要ありません。

3.報酬額は、日本人が受けるのと同等額以上であること

4.雇用先の事業について継続性と安定性があること。

5.上陸拒否事由に該当しないこと

在留資格「人文知識・国際業務」の申請をサポートします。

 外国人在留資格認定証明書の申請書類・立証資料につきましては、基本となるもの以外に、対象となる外国人や招聘する日本の会社等により、いろいろな違いがあります。
 また、申請先の入国管理局より、追加資料の提出を要求されることもありますし、資料不足で不許可になる場合もあります。

 外国人法務サポートデスクでは、なるべくスムースに申請、在留資格認定証明書が取得できるようサポート致します
 外国人在留資格認定証明書の申請をお考えの方は、是非、お問い合わせ下さい。



バナースペース

外国人法務サポートデスク
(中山太行政書士事務所)

〒065-0024
札幌市東区北24条東16丁目1-25

土手司法ビル304

TEL 011-768-8300
FAX 011-768-7040
Mail gen-na@mtg.biglobe.ne.jp