本文へスキップ

外国人法務サポートデスクは札幌で在留資格・ビザ申請を専門とする行政書士事務所です。

TEL. 011-768-8300

〒065-0024札幌市東区北24条東16丁目1-25
土手司法ビル304

技 能Skilled Labor


札幌外国人法務サポートデスクトップ>技能

在留資格「技能」とは

 在留資格「技能」とは、日本の公私の機関との契約に基づいて行う、産業上の特殊な分野に属する技能労働者(=熟練労働者)としての活動を行おうとする外国人が日本に在留する場合に必要となります。

在留資格「技能」を申請する際に必要な要件

1.(1)外国人独特の技能又は外国特有の業務に従事する者であり、以下の技能については10年以上の実務経験
     必要です。

   @料理の調理又は食品の製造にかかる技能
   A外国特有の建築・土木にかかる技能(実務経験が10年以上ある者の指揮監督を受けて従事している場合は、
                     本人の実務経験は5年以上)

   B外国特有の製品の製造・修理の技能
   C宝石、貴金属又は毛皮の加工の技能
   D動物の調教の技能

  (2)スポーツの指導に係る技能については3年以上の実務経験があり、その技能を必要とする業務に
     従事すること 
     ※3年以上には、外国の教育機関で、当該スポーツの指導に係る科目を専攻した期間、報酬を受けて
      当該スポーツに従事していた期間を含みます。

    スポーツ選手としてオリンピック大会、世界選手権大会、その他の国際的な競技会に出場したことがある者
    で、そのスポーツの指導に係る技能を要する業務に従事すること

  (3)ぶどう酒の品質の鑑定、評価及び保持、並びにぶどう酒の提供にかかわる技能について5年以上の実務経験
    
を有する者で、次のいずれかに該当する者

    @国際ソムリエコンクールにおいて優秀な成績を収めたことのある者
    A出場者が1国に付き1名に制限されている国際ソムリエコンクールに出場したことがある者
    Bワイン鑑定等の技能に関して、その国、その国の地方公共団体、又はこれらに準ずる公私の機関が認定する
     資格で、法務大臣が 告示で定めたものを有するもの

     ※5年以上には、外国の教育機関でワイン鑑定等に係る科目を専攻した期間を含みます

2.事業について継続性と安定性があること。

3.上陸拒否事由に該当しないこと

在留資格「技能」の申請をサポートします。

 外国人在留資格認定証明書の申請書類・立証資料につきましては、基本となるもの以外に、対象となる外国人や招聘する日本の会社等により、いろいろな違いがあります。
 また、申請先の入国管理局より、追加資料の提出を要求されることもありますし、資料不足で不許可になる場合もあります。

 外国人法務サポートデスクでは、なるべくスムースに申請、在留資格認定証明書が取得できるようサポート致します
 外国人在留資格認定証明書の申請をお考えの方は、是非、お問い合わせ下さい。




バナースペース

外国人法務サポートデスク
(中山太行政書士事務所)

〒065-0024
札幌市東区北24条東16丁目1-25

土手司法ビル304

TEL 011-768-8300
FAX 011-768-7040
Mail gen-na@mtg.biglobe.ne.jp