初めての中華コピーバイク

キットバイク


まぴょ〜ん!
綺麗だ。ディスクブレーキ、アルミスイングアーム、削りだし……
これだけ付いて、相場は10万円前後。
安い!
業者の評価も悪くないし。
入札。競争が始まった。
う〜ん、あと5千円入れてみよう…。ホッ、10万3千円で落札出来た。

幾ら中華だって、下駄代わりになるだろ。中古はどんな使われ方したかわからないし。個人トラブルは嫌だし……(我に返って多少不安)
即送られた来たバイクを早速組み立て、業者を評価。二週間後……。

中華はどんな作り方をされているのか、考えていなかった!
(画像にマウス)

熱くなる前に、冷静になってください


キットバイク モンキー、ゴリラ、ダック、シャリー XXタイプetc

買う前なら、中古を買った方がいい、と私は思います。
個人売買で買ったとしても、ある程度は自分で整備しなくてはなりません。
新品で買った中華コピーバイクも自分で整備しなければ乗りこなせません。
千キロ以内とは言いませんが、電装トラブルは通過儀礼です。

 ライトを点けるとバッテリーが上がる(ジェネレーターコイルの発電不足)
 急にエンジンが止まり走らなくなった(プラグキャップが割れた)
 ヒューズが飛ぶ(何処かの線が切れた)

バイク屋さんは、何故か電装は嫌いですし、また純正色とも異なるので嫌がるか断られます。

これは酷い!ダックスタイプの中華コピーバイク
走行中にバッテリーがすぐ上がると相談されました。
聞くと、エンジンを始動しなくてもメインキーをONにすればライトが点くバッテリー点灯です!このタイプのジェネレーターでは絶対無理なのに…唖然。
原付は単相交流発電なのでバッテリー点灯はかなり無理があります。
ダックス12Vの新品メインハーネスです。オークションで8千円から9千円くらいしますが、在庫がなくなる前に購入した方がいいと思います。
もちろん中古で構いませんが、12Vダックスのメインハーネスはあまりオークションに出てこないようです。
カブやモンキー系のジェネレーターコイルにも何種類かあります。
シャリーでも使われているオーソドックスなエキサイターコイルが1個、5極のジェネレーターコイルがいいと思います。これを巻き直して全波整流にしてもバッテリー点灯は厳しいです。

他にもキースイッチ、ウインカースイッチなどを含めたら、2〜3万円飛ぶでしょう。電気が苦にならないしても、バラして総入れ替えは自分でも嫌いです。

ちなみに、30Wのセローでもバッテリー点灯(常時点灯)モデルになったときは、発電量の多い三相交流タイプのジェネレーターを採用しました。
フライホイールもそれに合わせ中身が違います。
それまでは、アイドリング付近では暗く、アクセルを吹かすと明るくなる原付と同じ単相交流発電の半波整流でした。

それでも、買うなら業者さんに質問してみてください。
このバイクのライトはバッテリーで点灯させるタイプですか?
『そうです』『わかりません』『質問無視』『走行できる状態で渡します』(はぐらかす)
なら買わないことです。

バッテリー点灯ではなくても、電装は国産の物に交換を勧めます。
ジェネレターのハーネスです。
半年くらいでこのようにハーネスのビニールが劣化し中の線が見えてます。
ギボシ端子のゴムもひび割れです。
フレームからハンドルの可動部なら、耐久性はさらに落ちると思います。
93年式シャリーですが純正は電装は未だにノントラブルです。
兎に角、ゴム類が弱いです。プラグキャップなんてすぐに接触不良を起こします。
足周り、ブレーキホースの交換も自分で整備できるスキルがないとデンジャラスだと思います。

買ったら、ボルトの緩みがないかちゃんと確認してください。
エンジンブローと違い、フレームや足回りは命に関わる問題ですから。
今は知りませんが、ちょっと前の中華チェーンはすぐに伸びました。タイヤは消しゴム。

で、なんだかんだで、直していくと結局程度のよい中古が買えます。
知っていて買うなら別ですが、ただ安い、金を掛けたくない、タペット調整もしたことがない、と言うなら、動かなくなった時点で部品取りとしてオークションに出すしかないでしょう……。
もちろん、それを承知で購入しトライ&エラーや試行錯誤の好きな方は別です。
エンジンが長くなり、純正フレームではフロントフェンダーに当たるモンキー、ゴリラ。
フレームから起こすのが面倒なダックス。
フレームにエンジンが干渉するシャリー。
みな、それぞれ固有の問題がありますから。

トライクやバギー

色んなタイプのエンジンがあり、把握しきれておりません。
ただ、言えるのは、バッテリーでライトを点灯させるものが多く、発電不足でバッテリーがすぐ上がります
それから、今後の道交法がどう改正されるのか、それも気を付けないといけないと思います。
原付免許で乗れるミニカーが増えたため改正され、青ナンバーが出来ました。
以後、普通免許がないと乗れなくなりました。
今はグレーゾーンに近いですが、おそらく事故が増えたら規制が厳しくなるでしょう。

縦型エンジン エイプタイプ

これは、当サイトでもあまりデーターがありません。
知らない方が多いのですが、現在(2009/03/31)出回ってる中華コピーエイプの殆どのエンジンはCG125のコピーです。
ただ、二気筒なのかシリンダーヘッドからマフラー二本だしの違うタイプも存在します
いずれにせよ、エイプの社外キットとは互換性はありません。
エンジンマウントもことなるのでポン付け載せ換えはできません。
電装と足回りを整備して乗るのがベターだろうと思います。
これはどのジェネレーターコイルが代替品として使えるか不明です。
これも『ライトはバッテリーで点灯させるタイプですか?
と聞いた方がいいです。

中華ミニモト モタード/ミニモトクロス

これは、ホンダが公道用として売っていないので、スキルがあるなら面白いです。
良心的なショップは日本で組み立ててます。高い物だと、クロモリのフレームを使った物まであります。
オークションで1円スタートのシロモノとか格安なものは、やっぱり程度や加工精度が滅茶苦茶です。

通勤モタード
3万円程度で落札した、中華ミニモトクロスです。
マニアからするとカブC65のヘッドは貴重?です。
公差が1cmはザラで、ゲンナリするより笑うレベルだったとか。パーツの取り付けにはかなり苦労したそうです。電装はイブスマイルです。
なんとか7万円で公道仕様にしたそうです。
六つ星てんとう虫さん談。
「急に止まっちゃいました〜」とオーナのM氏。
エキサイターコイルの断線。それでも、壊れたらまた直せばいいわい、と笑って通勤に使ってます。
そういう、大らかというか寛容の気持がないと、中華に手を出さない方がいいしょうね。
2009/11/25 もう既にアクセル全開、走行で2万km突破とのこと。オイル継ぎ足しで今日も元気に走行中です。



チャイナ・ダカール(笑
当然、ポン付けでは無理です。
友人のY氏が洒落で、六つ星てんとう虫さんと作りました。


給油艦としても活躍しております(笑


中華ミニモトクロス
これもY氏所有。フレームはスズキのRMX250SやホンダのXLX250のようにクロモリのフレームを使った高級ミニモトです。
完成度があまりに高く、弄るところがなくてツマラナいんだそう(笑。
KSRコピー150のエンジンに積み替えてあります。


長々と書きましたが、要するに

安いモノにはワケがある 高いモノにはワケはない(言い値)

というこです。それを趣味として工具を買いスキルを高めて突破するか、それとも諦めるか。
それはこれから買う人、現在購入した方の判断にお任せします。


中華エンジンのトラブル へ

TOP