子供のためのピアノコース (幼児~小学生)

ピアノは感性を磨くだけでなく、ピアノを弾くという行為には、両手で弾くこと、楽譜を読むことと手の連携、音を鳴らしながら楽譜の先を読む、音楽を組み立てる、楽曲を覚えるという様々な要素があり、子供の脳の発達にとても役立ちます。       何事も初めが肝心です。
ピアノの難しさはまず第一に、両手で違う動きをすることにありますが、        始めたその日から、無理なく両手を使って表現することを学んでいきます。
自分で楽譜を読んで表現ができるようになるまで、基礎から丁寧に指導します。   また、適宜歌を歌ったり、音取りの時間をレッスン中に取りますので、絶対音感を身に付けることができます。
この時期に継続して続けていくことで、いずれブランクがあった後でもまたピアノを
楽しむことができるでしょう。

レッスン風景

大人のためのピアノコース (中学生以上)

基本的には子供のためのコースに準じますが、社会人の方にはスケジュールにわせて月2回、3回コースも用意しています。
基礎を固めることは勿論大事ですが、勉強、部活、仕事で練習時間が限られてくるなかで、どうしたら、弾きたいと思う曲が早く弾けるようになるかを、一緒に考えていきます。

シニアのピアノ初めてコース

今は使われずに、家具のようになっているピアノがあるご家庭も、多いのではないでしょうか。                                   最近脳トレが流行っていますが、漢字ドリルよりも計算ドリルよりも、脳の活性化のためには両手、10本の指を自在に動かすピアノが一番です。            音楽は、聴く楽しみもありますが、自分で演奏する楽しみは、また格別なものです。 子供の時から始めるのと違って、あっという間には上達しないかもしれませんが、焦らず時間をかけることで、両手で弾けるようになります。              大人向けの教本、名曲の易しいアレンジの楽譜も数多く出版されていますので、そういった教材を使いながら、マイペースでピアノを弾く楽しみを伝えています。

無料体験レッスンの受付はこちらお問い合わせページ