ZRX初回タイヤ交換儀式の巻 by RACINGMAX府中店

では、追加作業の一例をご紹介いたします・・・

この車輌はカワサキZRX400です。(1100なども同様)

一回目のタイヤ交換が遅くなりますと、こんな感じで

シロサビがすごい事になっており、かなり固着して

シャフトを抜くのも一苦労です。

当然、ナットも回らず壊れてしまう事もあります。

 

なんとか外せればこのようにキレイに磨き込んで

グリスをたっぷり塗って組つけられます。

過去、ナットが回らずCRCをこれでもかっ!と吹いて

後日にご来店いただいたこともあります。

 

これが、ナット側の部品です。

外側、内側がもれなく錆びてます・・・

しかも、ヘキサゴンレンチが刺さる部分の材質が弱く

6角形が12角形になったりしてしまうのです。

そりゃこれだけ錆びれば、しょうがないかな・・・

でいいのかな?

 

当然のことながら、キレイに磨きグリスを内外に

たっぷり塗り込み、組み付けます。

で、次回からは楽ちん作業になるわけです!

ここまでするのはオーナーやバイクの為でも

ありますが、作業する我々の為でもあるのです。

 

こちらのカーラーも錆びが出ていたので

外してグリスアップしました。

 

以上、ZRX最初のタイヤ交換の儀式の巻でした。

この辺までの作業は基本工賃の範囲内で

施工させて頂いております。