Sword and Magic > ドラゴンクエストIII

ドラゴンクエストIII 
BOSS攻略


到達Lvは「これぐらいなら倒せるだろう」という主人公のレベルである。 これより低いレベルでも倒すことは十分に可能である。 この値は公式ガイドブックを参考にしている。あくまでも目安であるということを忘れないで欲しい。

ボスのパラメータの詳しい見方については「モンスター紹介」を参照。

カンダタ(1)

【H】
150
【M】
0
【攻】
65
【守】
42
【早】
19
【賢】
0
【Lv】
63
【避】
1
【E】
2200
【G】
0
【持】ひのきのぼう:G
【出】シャンパーニの塔4F
【行動】攻撃:6/痛恨の一撃防御
××

カンダタこぶん

【H】
60
【M】
0
【攻】
55
【守】
31
【早】
20
【賢】
0
【Lv】
63
【避】
0
【E】
80
【G】
0
【持】ひのきのぼう:G
【出】シャンパーニの塔4F
【行動】攻撃:8
×××

到達Lv…13
6Fで下の階へ落とされた後、4Fでカンダタの近くへ行くと戦闘になる。

「カンダタこぶん」はなぜかグループになっていないので、攻撃するなら全体か1体対象の呪文、または「たたかう」で攻撃しよう。 「カンダタこぶん」を真っ先に倒して、手数を減らすことが勝利への第一歩である。

「カンダタ」には「ヒャド」や、「ラリホー」「マヌーサ」「ルカニ」が効きやすいので積極的に使っていこう。 ただ、時折繰り出す「痛恨の一撃」には十分に注意したい。 補助が終わった魔法キャラは「ぼうぎょ」させておくと安心だ。


カンダタ(2)

【H】
400
【M】
0
【攻】
89
【守】
40
【早】
35
【賢】
1
【Lv】
63
【避】
0
【E】
4800
【G】
0
【持】ひのきのぼう:G
【出】バハラタ東の洞窟B2
【優先行動】攻撃 【行動】攻撃:6/痛恨の一撃 【能力】自動HP回復(50)
××

到達Lv…19
B2で扉を開け、子分たちの問いに「いいえ」と答えると「カンダタこぶん 4体」と戦闘になる。 しかし、パラメータは前回と同じで難なく倒せるはずなので、ここでは省略する。 ボタンを押してグプタとタニアを助けた後、北へ行くと戦闘になる。

まず子分が2体いるのでそちらから片付けよう。 子分を倒したら後は「カンダタ(2)」だけだが、前回と比べ大幅にパワーアップしている。 「ラリホー」「マヌーサ」は効かなくなったが、「ルカニ」は相変わらず効くのでまずは守備力を下げておこう。 「スクルト」で守備を固めれば、怖いのは「痛恨の一撃」のみ。 全員でガンガン攻めよう。攻撃呪文も効きやすい。


やまたのおろち

【H】
300
【M】
12
【攻】
120
【守】
68
【早】
50
【賢】
1
【Lv】
63
【避】
0
【E】
8040
【G】
200
【持】くさなぎのけん:S
【出】ジパングの洞窟B2
【行動】攻撃:4/炎(中):4 【能力】2回行動/自動HP回復(100)
×××

到達Lv…23
B2のおろちの近くへ行くと戦闘になる。

必ず2回行動で攻撃力が高く、その上「炎(中)」まで吐くとんでもないモンスター。 とにかく「炎(中)」による全体攻撃が辛いので、回復役は1人でも多くいた方がよい。 全員に手一杯の「やくそう」を持たせておこう。

攻撃呪文は「メラ系」「ギラ系」「イオ系」が効かないが、「ヒャド系」「バギ系」「デイン系」は良く効く。 少しでもダメージを与えるため、相手には「ルカニ」。仲間には「バイキルト」をかけたい。 「ラリホー」が効きやすいが2回行動のため覚めやすいので、2人がかりでかけると効果がかなり期待できる。 余裕があれば「マヌーサ」で幻惑しておくと良い。

ジパングでも戦うことになるが、パラメータはジパングの洞窟と同じ。 しかし、こちらのHPやMPはそのままなので、一旦回復しに戻った方が良い。 なおこちらも宝箱を落とすが、中身はからっぽである。


ボストロール

【H】
320
【M】
12
【攻】
180
【守】
60
【早】
80
【賢】
1
【Lv】
38
【避】
0
【E】
2500
【G】
105
【持】らいじんのけん:F
【出】サマンオサ
【行動】攻撃攻撃痛恨の一撃攻撃攻撃痛恨の一撃攻撃攻撃 
【能力】自動HP回復(100)
××××

到達Lv…25
夜、サマンオサの城2Fにいる王に向かって「ラーのかがみ」を使うと戦闘になる。

「やまたのおろち」と違い全体攻撃はないので、意外と楽に倒せるはず。 ただ、「痛恨の一撃」は即死級の威力を誇る。「スクルト」で守りを固めておきたい。 「ルカニ」「マヌーサ」「ラリホー」は効きにくいが、試してみる価値はある。 また、攻撃呪文は「メラ系」「ギラ系」「イオ系」以外は良く効く。 意外とあっさり倒せるのでは?

余談だが、以降このモンスターはある地域に普通の敵として登場することになる。


バラモス

【H】
900
【M】
【攻】
220
【守】
100
【早】
85
【賢】
2
【Lv】
63
【避】
0
【E】
0
【G】
0
【持】−
【出】バラモス城B1
【行動】イオナズン攻撃炎(強)メラゾーマバシルーラ攻撃イオナズンメダパニ 
【能力】2回行動/自動HP回復(100)
×

到達Lv…34
B1奥にいるバラモスの近くへ行くと戦闘になる。

2回行動で「炎(強)」や「イオナズン」など、凄まじい攻撃を繰り出してくる。 「バシルーラ」や「メダパニ」の呪文も厄介である。 混乱した仲間はパーティアタックで我に返すことができるが、「バシルーラ」で飛ばされた仲間はどうしようもない。

「フバーハ」で守りを固め、「ルカニ」と「バイキルト」で大ダメージを与えよう。「マヌーサ」も効きやすい。 まれに「マホトーン」が効くこともあるが、呪文を封じると「攻撃」と「炎(強)」をのみを繰り返すようになってしまう。 「フバーハ」がないパーティは呪文を封じるべきではない。

行動パターンが完全に決まっているので、相手の行動を読んでこちらの行動を決めると良い。


キングヒドラ

【H】
550
【M】
0
【攻】
240
【守】
50
【早】
50
【賢】
0
【Lv】
46
【避】
0
【E】
9500
【G】
350
【持】ドラゴンメイル:E
【出】ゾーマの城B5
【行動】攻撃:5/炎(中):3 【能力】2回行動/自動HP回復(100)
××

到達Lv…40
B5でゾーマとの会話の後、戦闘になる。

「スクルト」「フバーハ」で守りを固めれば、苦戦する要素などどこにもない。 「ルカニ」で守備力を下げて、ガンガン攻めよう。楽に倒せるはず。


バラモスブロス

【H】
450
【M】
【攻】
210
【守】
200
【早】
72
【賢】
2
【Lv】
63
【避】
0
【E】
12200
【G】
450
【持】なげきのたて:F
【出】ゾーマの城B5
【行動】イオナズン:4/攻撃:2/炎(強):2 【能力】
1〜2回行動/自動HP回復(50)

到達Lv…40
B5でキングヒドラを倒した後、さらに北へ行くと戦闘になる。

まず、「フバーハ」は必須。何よりも早く唱えておきたい。 また、守備力が高いので「ルカニ」で0まで下げておこう。 あとは全体攻撃に気をつけてダメージを与えていく。


バラモスゾンビ

【H】
900
【M】
0
【攻】
360
【守】
0
【早】
0
【賢】
0
【Lv】
63
【避】
0
【E】
14300
【G】
15
【持】はかいのつるぎ:F
【出】ゾーマの城B5
【行動】攻撃:8 【能力】自動HP回復(50)
××××

到達Lv…40
B5でバラモスブロスを倒した後、さらに北へ行くと戦闘になる。

驚異的な攻撃力を誇るが、守備力と素早さは0というアンバランスなモンスター。 前述の通り守備力は0なので「ルカニ」は不要。 まず「スクルト」で守備力を高めることが先決。 あとは攻めるのみ。「メラゾーマ」などの攻撃呪文も良く効く。 まれに「マヌーサ」が効くこともある。


ゾーマ(2)

【H】
1023
【M】
【攻】
320
【守】
200
【早】
80
【賢】
1
【Lv】
63
【避】
0
【E】
0
【G】
0
【持】−
【出】ゾーマの城B5
【行動】攻撃:3/凍てつく波動:2/吹雪(中)吹雪(強)マヒャド 
【能力】2回行動/自動HP回復(100)
×
×

到達Lv…40
B5でバラモスゾンビを倒した後、さらに北へ行くと戦闘になる。 戦闘中に「ひかりのたま」を使う。

IIIのラストボス。呪文で効くのは「ルカニ」「デイン系」くらいである。 まず「吹雪(中)」や「吹雪(強)」のダメージが痛いので、「フバーハ」は初めに唱えておきたい。 あとは「ルカニ」「バイキルト」で攻めまくろう。 道中にある「けんじゃのいし」を誰に持たせるかで、戦況は大幅に変わってくる。 また、「凍てつく波動」は「ゾーマ(2)」にかかった「ルカニ」の効果もかき消してしまうので注意すること。

攻撃には「ベホマ」が非常に有効。ダメージは140〜177と安定している。 勇者や僧侶に余裕ができたら使ってみよう。


ゾーマ(1)

【H】
1023
【M】
【攻】
550
【守】
300
【早】
255
【賢】
2
【Lv】
63
【避】
0
【E】
0
【G】
0
【持】ふしぎなぼうし:G
【出】ゾーマの城B5
【行動】吹雪(強)マヒャド吹雪(強)攻撃凍てつく波動 
【能力】2回行動/自動HP回復(100)
××

ゾーマ戦で「ひかりのたま」を使わない状態がこれである。 実は使わなくても勝つことはできるが、とてつもなく強いのであらかじめ覚悟しておくこと。

「ひかりのたま」使用時より、攻撃力、守備力、素早さが格段に上がっている。 さらに「吹雪(中)」を使わないので、弱い攻撃というのも無きに等しい。 攻撃呪文は「ギガデイン」以外は期待できない。その「ギガデイン」でも確実ではない。 「ルカニ」「マヌーサ」は確実に効く。

「吹雪(強)」が辛いので「フバーハ」が欲しい。守備力が高いので「ルカニ」が欲しい。 大ダメージを与えたいので「バイキルト」が欲しい。攻撃力が高いので「スクルト」「マヌーサ」が欲しい。 そんなことやっている内に「凍てつく波動」が来る……。 どこを妥協するか、どれをどのタイミングで唱えるか、それが一番の悩みどころ。 しかし、その答えを導いてこそ真のドラクエIIIプレイヤーである。

とは言いつつ、一応私の考えを。 まず「攻撃」は確かに痛いが「凍てつく波動」で消されるまで1回しかしないことを考えると「マヌーサ」「スクルト」は不要だろう。 毎ターン終了時にHPが100前後自動回復することを考えると、「ルカニ」「バイキルト」でどんどんダメージを与えて速攻をかけるのが一番。 攻撃役には「はやぶさのけん」を持たせておこう。 守備力0に「バイキルト」のかかった2回攻撃はかなり強力。

吹雪耐性のある防具は勇者が装備できる「ひかりのよろい」「ゆうしゃのたて」と魔法使いが装備できる「みずのはごろも」しか存在しない。 HPを高めた魔法使いがいるとこの戦闘では倒されにくいので、できればそういうキャラを用意しておきたい。 無理な場合は「フバーハ」で「吹雪(強)」に備えよう。 他の職業のキャラは「マヒャド」対策に呪文耐性重視か「攻撃」対策に「みかわしのふく」が良い。

相手の素早さは限界値である「255」なので先制できる保障は全くない。 常に相手に先制されることを想定して、「ベホマラー」や「けんじゃのいし」を使っておくと安心だ。

Sword and Magic > ドラゴンクエストIII