Sword and Magic >
  >ドラゴンクエストI・II(SFC&GB)

ドラゴンクエストII(SFC&GB) 
小ネタ・豆知識集


オリジナル版とリメイク版、どちらも「ドラゴンクエストII」である以上、オリジナル版と被る項目が多々あるのでご注意

世界編

サマルトリアの王女

サマルトリアの王子が死んでいる状態(HP0)でサマルトリアの王女に話しかけると、泣き出してしまう。

仲間がいないと通してくれない

ローラの門はサマルトリアの王子、ムーンブルク西のほこらはムーンブルクの王女がいないと通行することはできない。

ぱふぱふ

ルプガナの外観南西にいる女性と話し「はい」と答えると謎の行為ぱふぱふをしてくれる。 「いいえ」と答えると、通常ムーンブルクの王女に対して可愛いねと言うだけである。 しかし、ムーンブルクの王女が「しに」状態だと台詞が変わり、衝撃の事実が明かされる。

ちなみにFC版では1回やるごとに100ゴールド減ってしまうが、リメイク版では無料である。

アレフガルドのあの町は今……

懐かしい「I」の舞台、アレフガルド。しかし、町として残っているのはラダトームのみ。 ガライ、マイラ、リムルダール、メルキド……。これらはなぜ消えてしまったのか。

制作上の都合か、はたまた本当に滅んでしまったのか。 残念ながらラダトームではその経緯を知る情報は得られない。

と、何もかも諦めたその時! あの竜王のひ孫から貴重な情報が!?

「かつて メルキドと 呼ばれた町」という台詞だ。 これは過去形なので、現在その町はメルキドと呼ばれていないということになる。 メルキドが名前を変えて存在しているとは非常に考えにくい。 となれば滅んでしまったと考えるのが自然である。

ガライ、マイラ、リムルダールがどうなったのかは分からないが、「II」でメルキドが存在しないのは滅んでしまったからという理由なのは間違いない。

武器屋の隠居

ラダトームの武器屋2Fにいる人物は明らかに王様であるが、本人は否定する。 しかし、ラストボスであるシドーを倒した後に話しかけると自白し、王様は玉座の間に戻る。

ハーゴンの恐怖

ロンダルキアへの洞窟B1、「くさったしたい」しか出現しないフロアがあるが、ここの墓場にはある男が隠れている。 東の壊れた墓場を調べるとびっくりして出てくる。どうやら邪神のいけにえにされそうなところから逃げてきたらしい。 そう言って男は真ん中の墓場に移動する。男は調べられるたびに東→真ん中→西→東etcと移動する。

シドーを倒したら、ぜひ教えてあげよう。

役立たずのサマルトリアの王子

ベラヌールの宿屋に泊まるとサマルトリアの王子がハーゴンの呪いで寝ふせてしまう。 普通は「せかいじゅのは」を使って呪いを解いてあげるのだが、それをせずにシドーを倒すこともできる。 この後、ベラヌールの宿屋にいるサマルトリアの王子と話すと、「ぼくは 役たたず だったな。」と言って泣きながら仲間に加わる。

ここで話さずに無視することもできる。この状態だと、サマルトリアにいる王と王女の台詞が専用のものになる。 さらにずっと無視し続けると、ローレシアの城入口でサマルトリアの王子が追いかけてきて強制的に仲間に加わる。 以降の展開は通常のエンディングと同じになる。

戦闘編

敵が落とす宝箱についての注意

こちらの持ち物がいっぱいの時(3人とも10個のアイテムを持っている)は、敵は宝箱を絶対に落としてくれない。 たとえ、中身が「やくそう」だとしてもだ。

以上のことを覚えておけば、「ふしぎなぼうし」を入手するために、持ち物いっぱいで「メイジバピラス」を倒し続けることはしないはずだ。

復活モンスターについて

モンスターの中には「ザオリク」で生き返らせることができる者がいるが、この場合生き返ったモンスターは新しいモンスターとして認識される。 つまり、生き返ったモンスターを何度も倒せば経験値とゴールドを倒した数だけもらうことができる。

「にげる」

SFC版では「ローレシアの王子のレベル≧現在のエリアレベル」となった場合は100%逃げることができる。
GB版では「ローレシアの王子のレベル≧現在のエリアレベル+1」である。

レベルが足らない場合は敵に回りこまれて、攻撃を受けることが多々ある。 なお、先制攻撃できた場合は100%逃げられるようになっている。

以下は場所ごとのエリアレベル。青はダンジョンを表す。

Lv 5:ローレシア地方
Lv 6:ローレシア〜リリザ地方/リリザ地方/サマルトリア地方
Lv 7:サマルトリア北西地方/勇者の泉の洞窟地方
Lv 8:勇者の泉の洞窟/湖の洞窟地方/湖の洞窟西・南地方
Lv 9:湖の洞窟B1〜B2
Lv10:ローラの門
Lv11:ムーンペタ北・南地方/ムーンペタ南東地方
Lv12:ムーンブルク地方/ムーンブルク東地方
Lv13:ムーンブルク/風の塔東地方
Lv14:風の塔1F〜2F
Lv15:風の塔3F〜4F
Lv16:風の塔5F〜8F
Lv17:砂漠地方/ドラゴンの角南地方
Lv18:ルプガナ地方/ルプガナ北西地方/海域/アレフガルド海域
Lv19:砂漠東地方/ドラゴンの角1F〜7F/ラダトーム地方/ラダトーム東地方/ベラヌール南東の小島地方
Lv20:聖なるほこら地方
Lv21:竜王の城
Lv22:大灯台1F〜3F
Lv23:大灯台4F〜8F
Lv24:テパの川/ベラヌール地方/ベラヌール北地方
Lv25:ザハン海域/ペルポイ地方
Lv26:デルコンダル・ザハン地方
Lv27:テパ西地方/テパ地方
Lv28:満月の塔1F〜3F
Lv29:満月の塔4F〜7F
Lv30:海底の洞窟B1〜B5
Lv31:ロンダルキアへの洞窟1F〜2F
Lv32:ロンダルキアへの洞窟3F〜4F
Lv33:ロンダルキアへの洞窟B1・5F〜6F/ロンダルキア南地方/ロンダルキア北地方
Lv34:ハーゴンの神殿2F〜3F

状態変化について

主人公及び仲間の状態変化

「名称」で赤いものは戦闘終了後も継続する
「発生条件」「回復・解除方法」で赤いものはモンスターが行う行動を表す
「発生条件」「回復・解除方法」で「パルプンテ」は効果がランダムなので使ってもその状態変化を発生させるとは限らない
アイテム名の他、特に明記されていない場合、そのアイテムを使うとその状態変化になるということを表す
(追)…その特技でダメージを受けた後、その状態変化になることがあるということを表す

名称
効果/解説発生条件回復・解除方法
ねる
・戦闘中、一切行動不能
・戦闘中、身かわし率が0になる
ラリホー
眠り攻撃(追)
甘い息
・1〜4ターンで自然回復
・戦闘の終了
マヌーサ
・戦闘中、「こうげき」の命中率が1/2に低下するマヌーサ・戦闘の終了
マホトン
・戦闘中、呪文を唱えても効果が発揮されない(MPは消費する)マホトーン・戦闘の終了
どく
・移動中、4歩ごとにHPが1減る(HP1で4歩歩くと「しに」状態になる)毒攻撃(追)
毒の息
・どくのちりょう(教会)
・キアリー
・どくけしそう
(のろい)
・呪いの装備品を外せなくなる
・戦闘中、時々行動できなくなる
・呪いの武器防具を装備・のろいをとく(教会)
しに
・戦闘中、一切行動不能
・戦闘中、全員「しに」状態で全滅となる
・移動中、呪文、道具が使用不能
・「のろい」を除く、全ての状態変化が解除される
・経験値が得られない
・HPが0になる
ザラキ
メガンテ
・いきかえらせる(教会)
・ザオリク
・パルプンテ
・せかいじゅのは
(守備力変化・上)
・戦闘中、通常より守備力が高くなる(SFC版は+100%または255が限界値で、GB版は254が限界値)・スクルト(+50%)
・パルプンテ(+50%)
・戦闘の終了
(守備力変化・下)
・戦闘中、通常より守備力が低くなる(0が限界値)ルカナン(-50%)・戦闘の終了

モンスターの状態変化

名称
効果/解説発生条件回復・解除方法
ねる
・一切行動不能になる
・身かわし率が0になる
・ラリホー
・パルプンテ
・毎ターン、一定確率で回復(ただし最低1ターンは眠る)
(らん)
・同士討ちをする(1体の場合はしない)・パルプンテなし
マヌーサ
・【直接攻撃】命中率が1/2に低下する・マヌーサ
・ひかりのつるぎ
なし
マホトン
・呪文を唱えても効果が発揮されない・マホトーンなし
しに
・一切行動不能
・姿が見えなくなる
・全ての状態変化が解除される
・全員「しに」状態で戦闘が終了する
・HPが0になる
・ザラキ
・メガンテ
・パルプンテ
ザオリク
(守備力変化・上)
・通常より守備力が高くなる(SFC版は+100%または255が限界値で、GB版は254が限界値)スクルト(+50%)
(守備力変化・下)
・通常より守備力が低くなる(0が限界値)・ルカナン(-50%)
・パルプンテ(-50%)

呪文・特技編

メガンテの恐怖

敵のメガンテはどうも効きやすい気がする。 というよりも、効かなかったことは一度もない。 それもそのはず。敵のメガンテは成功率100%なのである。 つまり、唱えられたら確実に全滅してしまう。たとえ、どんなにHPが残っていてもだ。 デビルロードやバズズなど、メガンテを唱えるモンスターには十分に注意したい。

「スクルト」「ルカナン」の上限、下限

「スクルト」「ルカナン」には上限と下限がある。 「スクルト」は+100%、またはSFC版は255、GB版は254まで。「ルカナン」は−100%(0)までである。 2回使ったら、大体この値へ達することになる。無駄使いを避けるために覚えておきたい。

トヘロス

弱いモンスターの出現を封じる呪文で、SFC版「II」では「ローレシアの王子のレベル≧現在のエリアレベル」となった場合、そのエリア内のモンスターの遭遇を回避できる。 GB版では「ローレシアの王子のレベル≧現在のエリアレベル+1」となる。 上記の式を見ると、必ず逃げられるようになる条件と全く同じなのが分かる。「せいすい」も同様である。

例えばSFC版ならローレシア地方では、ローレシアの王子のレベルが「5」以上になればモンスターが全く出現しなくなる。ただし、この呪文と「せいすい」はダンジョンでは効果がない。

アイテム編

「ふっかつのたま」の主

シドーを倒した後このアイテムを使い

*「これからも 3人 仲よく
  3つの国を 見守っていって
  くれますね?

という問いに「いいえ」と答えると……。

*「そんな ひどい……。

と言われ、また同様の質問に答える羽目になる。 つまり、永久ループである。もしかして……。

「ふしぎなぼうし」の消費MP軽減効果について

この効果は戦闘中のみ発揮するということを、まず覚えておきたい。メイジバピラスなどが落とす宝箱以外では1つしか手に入れることができないので、サマルトリアの王子かムーンブルクの王女か、どちらに装備させるかよく考えておくこと。消費MPがどのように減っているかを以下のように表にまとめた。なお、元々の消費MPが「1」の呪文は、消費MPは減らない。

呪文名通常時装備時
ギラ21
バギ43
ベギラマ43
ザラキ43
イオナズン86
メガンテ11
ホイミ32
ベホイミ53
ベホマ86
ザオリク1511
ラリホー21
マホトーン32
マヌーサ21
ルカナン21
スクルト21
パルプンテ1511

その他

名前を変える

サマルトリアの王子とムーンブルクの王女の名前は、ゲーム開始時点で既に決まっている。しかし冒険の書選択時、名前を変えたい冒険の書にカーソルを合わせて、3つボタンを同時に押すと、サマルトリアの王子やムーンブルクの王女の名前を変更できる。

SFC版はRボタン、スタート、十字キーの左でサマルトリアの王子の変更、Lボタン、スタート、十字キーの右でムーンブルクの王女の変更になる。

GB版はAボタン、スタート、十字キーの左でサマルトリアの王子の変更、Aボタン、スタート、十字キーの右でムーンブルクの王女の変更になる。

ただし、1度で両方の名前は変えられないため、もう片方の名前を変えたい場合は、冒険の書に記録して一度リセットし、再びコマンドを入れる必要がある。

Sword and Magic >
  >ドラゴンクエストI・II(SFC&GB)