Sword and Magic > ドラゴンクエスト

ドラゴンクエスト 
小ネタ・豆知識集


世界編

ロトの洞窟の石版

ロトの洞窟B2の宝箱にはロトが後世へ残していった「せきばん」がある。 必ず読まなければならないものではないが、読んでおけば冒険の目的・目標が明白になる。 内容は以下の通り。

____は せきばんを
みつけた。
せきばんには こう かかれている。
*「わたしのなは ロト。
  わたしのちを ひきしものよ。
*「ラダトームからみえる まのしまに
  わたるには 3つのものが
  ひつようだった。
*「わたしは それらを あつめ
  まのしまに わたり
  まおうを たおした。
*「そして いま その3つの
  しんぴなるものを 3にんの
  けんじゃに たくす。
*「かれらの しそんが それらを
  まもってゆくだろう。
*「ふたたび まのしまに
  あくが よみがえったとき
*「それらを あつめ
  たたかうがよい。

スタッフのお遊び?

ガライには「みやおう」、マイラには「ゆうてい」、メルキドには「キムこう」という人物がいる。 「みやおう」と「ゆうてい」は迷子の「キムこう」を探しているという。

その他、リムルダール宿屋には「よしりーん」、リムルダールの北東には「ちゅん」など。 以上の人物はリメイク版では名前が変わっているか、削除されている。

情けなしのラダトーム王

「しのくびかざり」か「のろいのベルト」を装備すると、呪われてラダトームの城へ入れなくなるのは知っていることと思う。 また、死んだ時は強制的に城へ移動する。ならば、呪い状態で死ぬとどうなるのであろうか。 気になるので試して見ると……。

*「おお ____よ!
  しんでしまうとは なにごとだ!
*「しかも のろわれているではないか
  のろわれしものよ、でてゆけっ!

と言われ、いきなり城からフィールドへ追い出される。 しかも、HPは「1」の状態である(通常、死亡後はHPが全回復している)。 今にも死にそうな(一度死んでいるが)勇者にこんなことをするなんて……。 敗北者とはいえ、あまりにも酷い仕打ちである。

おたのしみ

ローラ姫を抱いている状態で宿屋に泊まる。 すると、宿屋の主人がいつもとは違う台詞を言う。

*「おはよう ございます。
  ゆうべは おたのしみでしたね。
*「では また どうぞ。

ぱふぱふ

リムルダール外観東にいる女性と話すと、「ぱふぱふして欲しいなら50ゴールドよ」と言う。 しかし、50ゴールド以上を持って話しても台詞は変わらないので、「ぱふぱふ」が何なのかを知ることはできない。

竜王の罠

竜王の城の最深部で、竜王の「わしの みかたに なるか?」という問いに「はい」と答え、 さらに「ほんとうだな?」という問いにも「はい」と答える。 すると、世界の半分、闇の世界を与えてくれる(らしい)。 そして、復活の呪文を教えてくれる。

試しにこの復活の呪文を入れてみると、名前はそのままに以下の状態で復活する。 レベル1。能力値はレベル1のもの。持ち物、ゴールドなし。呪文もなし。装備なし。 ローラ姫が再びさらわれる(城からいなくなっている)。

かえっこ

メルキドにはこのようなことを言う女性がいる。

*「ねえ わたしの ぽーとぴあと
  あなたの ドラゴンくえすとを
  かえっこしてよ。

まず、「ぽーとぴあ」とは何だろうと疑問に思うはず。 実はこれ、ドラゴンクエストより前に堀井氏が製作したアドベンチャーゲームのことを指すのである。 正式名称は「ポートピア連続殺人事件」で、1983年にPC-6001用に発売された。 その後、1985年にFC用として移植。今では携帯でもプレイできる。 名作として名高いが、もちろん「ドラゴンクエスト」と交換することは出来ない。

リムルダールの戦士と指輪

岩山の洞窟B2にある「せんしのゆびわ」を装備すると、リムルダールにいる戦士の台詞が変わる。 装備する前は……

*「ゆびわは せんしの たしなみだ。

と言っていたが、装備後は……

*「ゆびわなどして
  おまえは はずかしいやつだなあ。

と言う。さっきと言っていることが矛盾している……。

戦闘編

行動順に「すばやさ」は無関係

冒険の前にでも触れているが、主人公と敵、どちらから行動するかは「すばやさ」と無関係である。 必ず主人公が先に行動して、その後に敵が行動する(不意打ちの時は除く)。 なので、戦闘中の回復は基本的にギリギリでも構わない。 しかし「ラリホー」を唱える敵と戦っている時は、早めの回復を心掛けたい。

竜王戦のBGM

「りゅうおう(2)」との戦闘時には専用のBGMが流れる。 しかしこの戦闘中に「ようせいのふえ」を使うと、戦闘曲が普通のものになってしまう。

竜王戦の特殊処理

「りゅうおう(1)」と「りゅうおう(2)」との戦闘では会心の一撃が出ることは決してない。 運任せで、会心の一撃狙いで倒そうとしても無理だということだ。 運任せで「りゅうおう(2)」倒すなら、「ベギラマ」を使おう。 ただ、成功する確率は1/16(約6%)と低い。しかし、成功すれば「ベギラマ」2回か3回で倒すことができる。

「にげる」

このコマンドが成功するか非かの判定の1つとして主人公の「素早さ」が関係している。 素早さが高いほど敵から逃げやすいのだ。

不意打ち

敵の守備力が高いほど不意打ちされる確率も高くなる。 「メタルスライム」や「りゅうおう(2)」に不意打ちされやすいのは、決して気のせいではない。

状態変化について

主人公の状態変化

「名称」で赤いものは戦闘終了後も継続する
「発生条件」で赤いものはモンスターが行う行動を表す

名称
効果/解説発生条件回復・解除方法
(ねる)
・戦闘中、一切行動不能(回復したターンは行動可能)ラリホー・毎ターン、一定確率で回復
(マホトーン)
・戦闘中、呪文を唱えても効果が発揮されない(MPは消費する)マホトーン・戦闘の終了
(のろい)
・ラダトームの城に入れなくなる・「のろいのベルト」「しのくびかざり」を装備する・ラダトームの町にいる老人と話す
(しに)
・所持ゴールドが1/2になり、ラダトームの城の王様のもとへ強制移動・HPが0になるなし

モンスターの状態変化

名称
効果/解説発生条件回復・解除方法
(ねる)
・一切行動不能(回復したターンは行動可能)
・身かわし率が0になる
・ラリホー・毎ターン、一定確率で回復
(マホトン)
・呪文を唱えても効果が発揮されない・マホトーンなし
(しに)
・戦闘が終了する・HPが0になるなし

呪文・特技編

ラリホーの恐怖

敵の「ラリホー」はどうも効きやすい気がする。 というよりも、効かなかったことは一度もない。 それもそのはず。敵の「ラリホー」は成功率100%なのである。 「あくまのきし」や「ダースドラゴン」など、「ラリホー」を唱えるモンスターには十分に注意したい。

トヘロス

弱いモンスターの出現を封じる呪文だが、具体的に弱いモンスターとは一体どのように定義されているのだろうか。 実は「I」では「自分の守備力>敵の攻撃力」となった場合、その敵の出現を封じることができる。 「せいすい」も同様である。 例えば「スライム」は自分の守備力が6以上になれば出現しなくなる。

ただし、この呪文と「せいすい」はドムドーラを含め、全てのダンジョンで効果がない。 「I」の最大守備力は「115」。 しかしそこまで上げなくても、フィールド上のモンスターは固定敵である「ゴーレム」を除き、「89」以上で全て封じることができる。

ちなみに守備力「89」以上になるには「ロトのよろい」「みかがみのたて」「りゅうのうろこ」装備で「すばやさ」が「78」以上必要。 「すばやさ」の成長タイプが「A」ならレベル17、「B」ならレベル18〜20で達成できる。

アイテム編

「ロトのよろい」に隠された効果

「ロトのよろい」は守備力最高の鎧として有名で、炎・呪文ダメージを軽減する。 さらに、マホトーンを完全に無効化する効果がある。 終盤で手に入るものなので役に立つ効果とは思われないかも知れないが、「りゅうおう(1)」のマホトーンを防ぐために重宝する。

鎧によるHP回復について

「まほうのよろい」や「ロトのよろい」に歩くごとにHP回復する効果があるのはご存知かと思うが、これは町の中でも有効。 少々面倒だが、HPが減ったら町の中で歩き回って回復すれば、宿屋代節約も可能である。

「りゅうのうろこ」の秘密

「りゅうのうろこ」は使う(装備する)と守備力が+2される。 値段も効果も「ぬののふく」と同じだが、なぜか売っても守備力が減ることはない。 よって、実質10ゴールドほどで守備力を2上げることができる。 少々反則ではあるが、序盤ゴールドが少ない時に重宝する小技だ。

Sword and Magic > ドラゴンクエスト