生きてはたらく力を育てる評価のあり方
北海道教育評価研究会
  30年度計画
  30年度研究21年研究
  30年度組織
評価セミナー


  50回研究大会
第41回  研究大会
 46回研究大会報告
第41回  研究大会


ミニ研修会

      平成30年度 研究部計画



1.研究主題    



「生きてはたらくちからを育てる評価のあり方」  






2.研究推進の視点


視点1:授業改善



(1)  思考力、判断力、表現力を育む授業における指導と評価          



(2)自己評価力を育てる授業


視点2:評価技法の改善・開発



 (1)真正の評価」とは 
(2)ポートフォリオ評価  
(3)パフォーマンス評価


3.第50回研究大会  


日時・場所  2018年(平成30年)11月16日(金) 9時〜117時
     札幌市教育文化会館


大会テーマ 新学習指導要領にどう向き合い評価していくのか
 〜資質・能力とは、パフォーマンス評価の有効性とは〜


大会構想
□ 小学校分科会 と 中学校分科会 を設定
  
    実践報告を1本ずつ
    小学校は、森先生
    中学校は、宮武先生

□全体講演会1 宮島 邦夫(みやじま くにお)
   一般財団法人 応用研究所 副所長

  全体講演会2 二宮 衆一(にのみや しゅういち)
   和歌山大学 教育学部 准教授        

4.研究大会に向けた取り組み

 @8月の事務局会は、「事務局 学習拡大版」と称して
   8月17日(金)16時30分〜18時30分 の2時間コースに設定       
 A8月事務局会の内容は、前半・後半の2部構成として、
   前半60分間は、下記の指定図書の学習会。
   事務局員は指定図書を読み、各自A4・1枚片面の感想プリントを持参して意見
   交換をする。
   後半60分間は、大会案内発送袋詰め作業や事務局会としたい。
     <指定図書>
       □西岡加名惠・石井英正真・田中耕治編著
       「新しい教育評価入門 〜人を育てる評価のために〜(有斐閣コンパクト)
        (有斐閣 2015年4月発売 2,160円税込)
       この中で、二宮衆一先生は「教育評価機能」という部分を執筆している。
  5.その他
     ・来年度大会日案 2019年(□□元年)11月15日(金)札幌市教育文化会館
     ・再び、鈴木秀幸先生をお招きするかどうか。
 




ページの トップへ 表紙に戻る
事 務 局  札幌市立白石中学校   003-0024 札幌市白石区本郷通6丁目南1−1
                                Tel 011-861−1106  Fax 011-861−2368
事務局長  校長 越田 公美