広島大学歯学部にてタバコに関する講演

 

広島大学歯学部の学生にタバコの情報についての講義を非常勤講師として行なっています。
また、地域の保育園での紙芝居などによる講演を行なっています。遠くは沖縄でも講演を行なっています。
全国のマラソン大会を禁煙推進ランナーとして参加し、禁煙の輪を広げています。

竹中歯科のブログ
医院での行事やスタッフの趣味(特にマラソン)に関する楽しい日々のブログです。

 


 

禁煙補助薬について

 チャンピックス錠

飲む禁煙の薬(経口禁煙補助薬) で、他の禁煙補助薬として発売されている貼るタイプの薬(禁煙パッチ「ニコチネル」)や、ニコチンのガム(「ニコレット」)は、ニコチンを含んでおり、禁 煙でニコチンの離脱症状が生じるのを和らげて禁煙を助けます。一方、チャンピックス錠には、ニコチンはまったく含まれておらず、これまでの禁煙補助薬とは 異なります。
作用
チャンピックス錠はこの脳内にあるα4β2ニコチン受容体にニコチンの代わりにくっつき(作動薬としてはたらき)タバコの離脱症状を軽減します。
また、服用中、タバコを吸ってニコチンを体内に入れた場合、チャンピックス錠はα4β2ニコチン受容体にくっつき(拮抗薬として働き)ニコチンがくっつかないようにして、タバコを吸ってもあまり満足感が得られなくなります。
(このように、この薬は、α4β2ニコチン受容体の作動薬であり拮抗薬でもあります。)
注意点
吐き気などの副作用があるようです。
飲み方は、以下のように段階的になっています。
 ・第1〜3日目は0.5mgを1日1回食後に服用、
 ・第4〜7日目は0.5mgを1日2回朝夕食後に服用、
 ・第8日目以降は1mgを1日2回朝夕食後に服用
また、服用は12週間となります。(詳しくは、医師の指示に従ってください)
上記の注意も含め、きちんと医師の禁煙指導の下、薬を服用することが重要です。禁煙が成功するようにお祈りいたします!