[ホーム]

AutoCAD縦断図作成
 Excelに測点、GH、変化点高さ、VCLなどを入力して、AutoCADのスクリプトファイルを作成します。

 A1版、A1ロング版として縦断図が作成出来ます。


■使用方法■

zipファイルをダウンロードし、任意のフォルダに解凍して下さい。

まず、Excelでマクロが使えるようにセキュリティレベルを「中」に設定します。


           ↓

           ↓

  Excel起動時に下記ダイアログが表示されます。


  「マクロを有効にする」をクリックして下さい。


■データの入力■



[作図設定シート]で諸元を入力します。


・黒文字の箇所を入力して下さい。


・現在、縦断帯の高さは固定されてます。


・[Tab]キーや矢印キーで移動出来ます。


・ブレーキは1箇所のみの設定です。


・入力が済んだら、地形シートに移ります。



[地形シート]では地盤高を入力します。

・行の追加削除はOKですが、列の追加削除はNGです。

・計算箇所に「1」を入力すると、計画高の計算をします。

・「測点と地盤高」 か 「追加距離と地盤高」を入力します。
  |           |
  | 測点ソートをClickで | 計算ソート
  ↓           ↓
・「単距離と追加距離」 「測点と単距離」が出来上がります。

・入力欄へコピーをクリックして、入力シートに移ります。

注)地盤高はダミーでも良いので必ず入力して下さい。





[入力シート]で確認をします。


・縦断帯に表記する測点が並んでいます。


・追加削除は地形シートの計算箇所を修正して下さい。


・確認が済んだら、要素シートに移ります。

[要素シート]で計画を入力します。

・縦断変化点の測点、高さ、VCLを入力。

・縦断曲線、勾配等をチェックします。

・問題が無ければCADデータの作成です。

注)変化点は3点以上入力して下さい。





をクリックしてデータを作成します。


・測点の抽出(区間内計算)も可能ですが、全測点計算が確実です。


・計画高一覧の印刷も出来ます。


・スクリプトファイルはエクセルと同じフォルダに作成されます。
















■図面の作成■




新規図面でスクリプトファイルを読み込みます。


・スクリプトファイルを新規画面にドロップした方が簡単です。


・縮尺に応じた寸法スタイルも作成するので、必ず新規図面を使って下さい。


・不要図形などを削除して完成させます。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


注意)試用版は回数制限があります。


AutoCAD縦断図作成Ver604(試用版).zipのダウンロード

有料版を御希望の方はこちらへ

[ホーム]
Jww縦断図作成 by Den