[ホーム] [長所短所] [DXF変換] ● [Jwwクロソイド] [掲示板]


Jwwの基本操作

 詳しい操作説明があるホームページ(jokerさん等)は多数ありますが、最低限の操作をまとめています。

 %勾配を入力して斜線を書く



 左記のようにすると、左下り5%勾配の線分が引けます。

 右下りの場合は[//-.05]と記入して下さい。


 法勾配を入力して斜線を書く


 まず水平・垂直にチェックを入れて下さい。

 数値を入力したらマウスでグリグリして、方向を見つけて下さい。

 左例は右下りの線分が引けます。

 5分勾配は[//0.5]又は[//.5]と記入すればよいです。


 右12時ドラッグ(鉛直・円周点)



 線モードの場合

  線、円、円弧上でドラッグすると、鉛直線が書けます。

 オートモードの場合

  始点は円周1/4点が選択されます。(基本設定で1/8点に変更可能)

  終点は鉛直線になります。



 右3時ドラッグ(中心点や中点)



 ドラッグの開始位置で、点の種類が決定されます。

  線分上   →線分の中点@

  円や円弧上 →円、円弧の中心点@

  交点や端点A→Aと次の指示点の中点


 右6時ドラッグ(オフセット)



 ドラッグ位置によりオフセット点が変わります。

  線上でドラッグすると線の中心Aから

  円上や円弧上では中心点Aから

  端点@は当然そこからオフセット出来ます。

 数値入力は省略可能です。
  [100,100]→[100]

  カンマ[,]はピリオド2つ[..]で代用可能。
  [100,-100]→[100..-100]


 右9時ドラッグ(線上点・交点)



 左下ステータスバーに操作方法が出ます。

  

 ここには重要な操作方法も出るので、他の操作のときも注意して下さい。

 他の線@を左クリックすると、交点Aが求められます。

 離れた点Bをクリックすると、Bからの鉛直点Cが求められます。

以上の操作は、線分の始点や終点、円の中心、文字の基点、複写や移動の基点などほとんど全ての操作に利用できます。

[ホーム] [長所短所] [DXF変換] ● [Jwwクロソイド] [掲示板]